仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨投資をしている方であれば、「AirDrop(エアドロップ)」という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。AirDropとは、一言でいえば仮想通貨(トークン)を無料でもらえる仕組みです。概要や注意点などを中心に紹介します。

目次

  • 仮想通貨の「AirDrop(エアドロップ)」とは
  • AirDrop(エアドロップ)の注意点
  • AirDrop(エアドロップ)をどのように見つけるのか
  • AirDrop(エアドロップ)2つの参加方法

仮想通貨の「AirDrop(エアドロップ)」とは

AirDropとは、一言でいえば仮想通貨(トークン)を無料でもらえる仕組みです。仮想通貨(トークン)開発者や運営元が行うキャンペーンのようなもので、無料で配布することによる認知度の向上や流動性の向上を狙ったものになります。さまざまな方法がありますが、例としてビットコインなど特定の仮想通貨保有者に対して自社トークンを配布したり、自社トークン保有者に対してビットコインなどの仮想通貨を配布したりします。

有名なByteBallのAirDrop

AirDropで有名なのがByteBallという仮想通貨です。現在は行われていませんが、以前は月に1回実施されていました。ByteBallの保有量に応じた一定割合のByteBallを付与する方法とビットコインの保有量に応じた一定割合のByteBallが付与される方法がありました。

AirDrop(エアドロップ)の注意点

AirDropの注意点として挙げられるのが、イベント前後における相場の変動です。AirDrop前は付与を受けたいユーザーが増加するため価格が上昇する傾向があり、AirDrop後は一気に下落する傾向があります。

また、保有しているだけでAirDropの恩恵を受けられるわけではありません。AirDropを実施するプロジェクトごとにさまざまな付与の条件があり、取引所口座に置いておくだけでは付与されないケースがほとんどです。詳細は各プロジェクトのホームページなどを確認する必要があります。

AirDrop(エアドロップ)をどのように見つけるのか

では、AirDropを実施するプロジェクトをどのように見つければいいのでしょうか。いくつか方法がありますが、AirDrop情報をまとめているサイトやSNSなどが存在するので、それらをチェックして詳細を調べるのが早いかもしれません。その他、BitcoinTalkなどの海外掲示板を利用している方も多いです。

Airdropalert.com | Never miss a free crypto airdrop again!

AirDrop(エアドロップ)2つの参加方法

AirDropは付与を受けるために条件をクリアして付与を受ける方法と、AirDropを実施する仮想通貨(トークン)の価格変動に注目し取引所で売買する方法があると言えるでしょう。無料でもらえる点は魅力的ですが、価格変動は必ずありますので、リスクを考慮したうえで参加を検討してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧