仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年、仮想通貨相場は浮き沈みがあったものの、主要な仮想通貨は総じて数十倍から数百倍の価格上昇を記録しました。しかし、2018年は1月中旬に暴落して以降、低調な推移が続いています。相場が冷えている印象がありますが、今は買い時なのでしょうか?

目次

  • 総悲観は買い・総楽観は売り
  • 二度に買うべし・二度に売るべし
  • 現在の仮想通貨相場
  • 買い時の判断は難しい、慎重に行動を

総悲観は買い・総楽観は売り

「総悲観は買い・総楽観は売り」とは、相場の格言です。相場が下落し悲観ムードの時こそ買いであり、相場が上昇し楽観ムードの時こそ売りであるという意味になります。現在の仮想通貨相場は、まさに下落して悲観ムードが漂っているといえるでしょう。コインチェックの不正流出事件など多くの悪材料が出て取引量も減少しています。

底と天井はわからない

過去の仮想通貨相場を見ると、この格言は的を得ています。仮想通貨相場は暴落することがよくありますが、その後必ず上昇しており、暴落時に買うことは正解のようにも思います。しかし、難しいのは底は誰にもわからないことです。現在ピーク時に比べると大きく下落しているわけですが、これ以上下落する可能性も当然あります。天井も同様で、相場が上昇している時はどこまで伸びるか予測することは難しいです。

二度に買うべし・二度に売るべし

そこで覚えておきたい言葉が、「二度に買うべし・二度に売るべし」です。一気に購入・売却するのではなく、打診買い・売りをして、確信が持てた後に本格的に購入・売却するという意味です。相場の底と天井は誰にもわからないため、この格言のような慎重さが求められます。

現在の仮想通貨相場

現在の仮想通貨相場は、1月中旬の暴落を経て緩やかな回復傾向にありますが、上昇トレンドに入るか再び下落するか難しい判断を迫られる状況にあります。様子見ムードが広がっているわけですが、最大の注目になりそうなのが、3月19日~20日にアルゼンチンで開催されるG20(財務相・中央銀行総裁会議)です。G20で初めて仮想通貨規制が議論される予定となっています。この内容いかんで、仮想通貨相場がどちらに転ぶかはっきりするのではないでしょか。

日本主導で議論?

一部報道では、日本が世界に先駆けて導入した仮想通貨交換業者の登録制などの取り組みを説明し、議論を主導すると伝えられています。その他、マネーロンダリングや風説の流布などへの対応が議題となる予定です。この内容が事実であれば、プラス材料と捉えることができそうです。

買い時の判断は難しい、慎重に行動を

2018年の仮想通貨相場は、暴落から始まり現在も低調な推移が続いています。過去の状況を見ると、買い時と判断することもできますが、相場の底を判断することは難しく、分散して購入するなど慎重な行動が求められます。

仮想通貨取引所の比較はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧