仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年に入り仮想通貨相場は低調な推移が続いていますが、株式市場の仮想通貨銘柄は盛り上がりを見せています。5月は、上場企業複数社が仮想通貨関連事業に参入を表明し、株価が大きく動きました。

目次

  • 低調な推移が続く仮想通貨相場
  • 仮想通貨関連銘柄の増加
  • 警戒も必要

低調な推移が続く仮想通貨相場

2018年に入り仮想通貨相場は低調な推移が続いています。仮想通貨の代表格であるビットコインは、ピーク時に1BTC250万円程まで高騰しましたが、現在は100万円を切る展開です。アルトコインも昨年は数十倍~数百倍に高騰する種類が山ほどありましたが、2018年はピーク時の半分にも満たない価格で推移している状況です。2017年がバブルだったと言ってしまえばそれまでですが、コインチェックの不正流出事件や世界的な規制強化の動きなどが影響していることは間違いないでしょう。

仮想通貨関連銘柄の増加

仮想通貨価格が低迷する一方で、盛り上がりを見せているのが株式市場の仮想通貨関連銘柄です。国内だけでなく、世界的に仮想通貨関連銘柄は高騰している傾向があります。「ブロックチェーン」が入った表記に社名変更した企業は、変更後に株価が3倍以上になっているロイター調べのデータもあります。実はITバブル時代にも同じような出来事が起きており、米国証券取引委員会はこうした変更をする企業に警告を出しています。

日本の上場企業も参入が目立つ

日本でもこうした動きは目立ってきています。特に2018年5月は、仮想通貨関連事業に参入を表明した企業が相次ぎました。AppBank、マネーフォワード、ドリコム、エイベックス、アドウェイズ、gumi、やまねメディカルなどです。まだ具体的な内容が発表されておらず、定款変更のみで株価が急騰したケースも多いです。中には全くの異業種も存在します。仮想通貨市場は大きな事件があり、相場が低迷する中でも、注目度は相変わらず高いということでしょう。

警戒も必要

仮想通貨・ブロックチェーンへの関心が高いことはいいことですが、警戒は必要です。このような状態が長く続くはずはなく、実態が求められてくるでしょう。しっかりと事業の将来性を見極めることが必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧