仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

投資はある程度資産に余裕のある30代以降、あるいは退職金などを充てるケースが多いですが、できることなら20代から経験しておいた方がいいです。時間的なメリットがあることに加えて、失敗を取り戻せる可能性が高くなる点も大きいです。

目次

  • 20代から投資を始めるメリット
  • 20代なら失敗を取り戻せる可能性が高い
  • 仮想通貨投資は始めやすい
  • 迷っているなら、まず始めてみる

20代から投資を始めるメリット


20代から投資を始めるメリットとしてわかりやすいのが「時間」です。例えば年率3%で運用できる金融商品に毎月1万円を投資したとしましょう。25歳から65歳までの40年間で大体1,000万程になります。35歳から始めたとすると570万円程です。10年間でこれだけの差が出るのです。こうした長期投資は早く始めるに越したことはありません。

また時間に余裕があることもメリットです。一般的に30代以降になると仕事の責任も重くなり、家庭を持つ場合もあります。20代は一人の時間を結構取れますし、投資の勉強や経験をすることができます。学生の場合は特にです。

20代なら失敗を取り戻せる可能性が高い


失敗を取り戻せる可能性が高い点もメリットです。20代で出す損失と40代で出す損失では重みが違います。住宅ローン、子供の学費、親の介護など負担が重くなり、20代のようにやり直しがきかないこともあるでしょう。また、こうした失敗は後の投資において必ず財産になります。20代のうちに経験することができれば、年齢を重ねていき失敗する可能性も低くすることができます。

仮想通貨投資は始めやすい


仮想通貨投資は始めやすいため、投資の経験を積むのに適していると思います。ただ、本気で老後のための資産運用を考えているなら積立で複利運用をして、仮想通貨はほどほどの金額に収めるのがおすすめです。やはり仮想通貨はハイリスクハイリターンな投資であり、余剰資金で行うのが基本です。

仮想通貨が始めやすい理由は、少額から投資できるためです。株式だとある程度まとまった資金が必要ですが、仮想通貨は1円単位で投資できます。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、NEMなど投資できる仮想通貨の種類も豊富でレバレッジ取引も可能です。レバレッジ取引はリスクが高いように思いますが、少額で行えばそれほど怖いものではありません。

実際に投資しないと経験にならない

机上の勉強も大事ですが、実際に少額でも投資した方が遥かに吸収できるものは多いです。また、投資することで本気度が変わり勉強にも真剣になります。

迷っているなら、まず始めてみる

20代の方で投資に迷っている方もいると思いますが、まずは始めてみることが重要です。ネット証券の口座を開くにしても、仮想通貨取引所の口座を開くにしても無料で簡単に手続きできます。極端な話、仮想通貨であれば1,000円入金して始めてもいいわけです。仮に1,000円が500円になったとしても問題はないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧