仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨は短期トレードだけでなく、長期投資をしている方も多いです。長期投資の場合は短期的な相場の動きを気にすることなく、ひたすら保有し続ける握力が重要になります。そして必ず決めておきたいのが、売るタイミング、つまりゴールです。

目次

  • 仮想通貨の長期投資
  • 仮想通貨の長期投資における売るタイミング
  • 仮想通貨の長期投資はゴールを決めよう

仮想通貨の長期投資

仮想通貨は短期トレードだけでなく、長期投資をしている方も多いです。長期投資の場合は短期的な相場の動きを気にすることなく、ひたすら保有し続ける握力が重要になります。ただ、どうしても相場は気になるものなのです。下落すれば「今のうちに売却しておこう」という気持ちになりますし、上昇すれば「売って利益を確定したい」という気持ちになります。

仮想通貨の長期投資における売るタイミング

長期投資の場合は売るタイミング、つまりゴールだけを決めておけば問題ありません。ゴールの指標として最もわかりやすいのが価格でしょう。1BTC100万円など投資期間と金額の現実性を考えて決める必要があります。また、致命的な問題が発覚した際や成長が見込めなくなった場合も一つのゴールとして捉える必要があるかもしれません。成長の見込みを判断することは難しいですが、自身で価格が伸びると判断している材料があるはずなので、その基準に当てはめてみるのがいいでしょう。

日本円に換えるだけがゴールではない

利確というと日本円に換えるイメージが強いですが、必ずしもそれが最善の選択とは言えません。ビットコインは今や世界中で利用できますし、デビットカードを使えば更に便利に利用できます。わざわざ日本円に換金するメリットは今後ますます薄れていくのではないでしょうか。将来的に日本円の価値は目減りしていく可能性も高いです。特にアルトコインに投資している場合は、ビットコインに交換することを利確として捉えている方も多いです。

アルトコイン投資はビットコインを増やすための方法

ビットコインを増やすことに主眼を置く場合、アルトコイン投資はビットコインを増やすための方法といえます。アルトコインは短期間で数倍になる場合も多く、最初からビットコインに投資するよりも効率的にビットコインの量を増やせる可能性があります。仮想通貨よりも日本円に信頼がある場合は、なかなか理解に苦しむ考え方かもしれませんが、長期で見た場合正しい選択となる可能性もあります。

仮想通貨の長期投資はゴールを決めよう

仮想通貨の長期投資は短期的な値動きに左右されず保有し続ける精神力が試されます。長期投資の場合は、仮想通貨の将来性を信じて投資しているはずなので、チャートの確認などは限定しあまり気にしないことが一番でしょう。利確に関してはいろいろな考え方があります。日本円に換えるもビットコインに換えるもそれぞれの判断です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧