仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

投資をしていると上昇トレンドにある銘柄に乗りたくなってしまうものです。そうした銘柄に乗れていないと蚊帳の外にいるような気分になります。しかし、投資には待ちの姿勢も重要です。「待つも相場」という格言がありますが、安易にそうした銘柄に乗ると損をする可能性もあります。

目次

  • 慌てて購入するのはリスクが高い
  • 投資に重要な「待ち」の姿勢
  • 無理にエントリーしない
  • 買う・売るに加えて、「待つ」ことも戦略

慌てて購入するのはリスクが高い


投資をしていると上昇トレンドにある銘柄に乗りたくなってしまうものです。そうした銘柄に乗れていないと蚊帳の外にいるような気分になります。しかし、慌ててそうした銘柄を購入することはリスクが高いです。高値掴みの可能性が高くなります。当然購入しないと儲けることはできませんが、購入しなければ損もしないのです。これは非常に重要で、上昇している銘柄は既に高値である可能性が高いことを冷静に判断する必要があります。上昇トレンドに乗った初期段階で掴めれば別ですが、ニュースになっている場合はもう遅いことが多いです。

投資に重要な「待ち」の姿勢


相場にはさまざまな格言がありますが、待つことの重要性を教えてくれる格言は多くあります。代表的なのが「待つも相場」。買い遅れて慌てて買うのではなく待つことが重要という内容です。当然ケースバイケースではありますが、先ほど触れたように高騰している銘柄は既に高値の可能性が高いからです。「相場は明日もある」という格言も有名ですが、焦る気持ちを抑え機会をじっくり待つことの重要性を教えてくれる内容です。

無理にエントリーしない


短期トレードをしていると、いわゆるポジポジ病になりやすくなります。トレードをしたいあまりに無駄にポジションを持ちすぎてしまうことです。しかし、エントリーに適したタイミングはそう頻繁にあるものではありません。自分が引いたラインまでひたすら待つことが勝率を高める上でも、利益を大きくする上でも重要ではないでしょうか。エントリーしたいからといって無理やりポイントを探すようなやり方は失敗する可能性が高くなります。

買う・売るに加えて、「待つ」ことも戦略

投資は買う・売るだけではありません。待つことも戦略になります。むしろ、投資は待っている時間が圧倒的に長く最も重要と言えるかもしれません。待つために大事なことは、心のマネジメントです。焦る気持ちやエントリーしたい気持ちを抑えて冷静になれるかが重要になります。慌てて購入して高値掴みをしてしまいがちな方や無理やりエントリーしてしまいがちな方は、紹介したような格言を思い出してみてください。冷静になった上でまだ上昇する可能性があると思えば購入すればいいですが、少しでも自信がなければ待つのが最善とも言えます。待てば損をすることはありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧