仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

今や仮想通貨の種類は1,000種類以上あります。国内取引所では15種類程の仮想通貨が取引できますが、国内で扱っていない銘柄が気になる方も多いでしょう。さまざまな価格チェックの方法がありますが、スマホアプリを活用することも可能です。

目次

  • アプリを活用した仮想通貨の価格チェック
  • 定番のポートフォリオ管理アプリ「Blockfolio」
  • 国内取引所で扱う銘柄だけなら、coincheckアプリが便利
  • アプリなら気軽に価格チェックができる

アプリを活用した仮想通貨の価格チェック


今や仮想通貨の種類は1,000種類以上あります。国内取引所では15種類程の仮想通貨が取引できますが、国内で扱っていない銘柄が気になる方も多いのではないでしょうか。価格チェックのためにいちいち取引所にログインしたりパソコンを開いたりするのは面倒です。そこで便利なのがスマホアプリになります。さまざまな価格チェックアプリがありますが、ポートフォリオ管理のアプリなら気になる銘柄だけチェックできるので、使い勝手がいいと思います。

定番のポートフォリオ管理アプリ「Blockfolio」

Blockfolioはポートフォリオ管理ができるアプリです。複数の取引所で複数の銘柄を購入している場合、各取引所にログインして状況を確認することは面倒です。Blockfolioなら保有している銘柄と数量を登録するだけで、価格状況や資産状況の管理ができます。利用料は無料で、iOS・Androidともに対応しています。

画像はアプリの画面になります。保有している銘柄の価格状況や資産状況はもちろん、保有していない銘柄も簡単に追加できるため価格チェックに便利です。それぞれの詳細ページに行けば、チャートを確認することもできます。総資産も表示してくれます。Blockfolio以外では、CoinTickerなどが比較的有名なアプリです。

※入力している保有数は仮の数字であり、総資産額も架空です。

国内取引所で扱う銘柄だけなら、coincheckアプリが便利

国内取引所で扱う仮想通貨だけなら、coincheckアプリを入れておけば価格チェックに不便はありません。国内の取引所では14種類の仮想通貨が取引できますが、coincheckは13種類を扱っています。対応していないのはモナコインだけです。チャートは1分足から1日足まで選択できますし、日本円建てに加えてBTC建ての価格表示もしてくれます。
coincheckの詳細はこちら

アプリなら気軽に価格チェックができる

アプリのいい点はちょっとした休憩時間や電車での移動時間などで気軽にチェックできることです。ポートフォリオ管理アプリなら、保有している銘柄はもちろん、気になる銘柄もチェックすることができます。投資する前にチェックしておけば値動きの特徴も何となく理解することが可能です。価格チェックに手間を感じている場合は、活用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧