仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

損切りの重要性は投資をしていれば一度は耳にするものです。しかし、実際に大きな損失を出さないと損切りの重要性を理解することは難しいです。損切りは失敗であり想定外の出来事だという認識があるからのように思います。

目次

  • 損切りの重要性
  • 損切りは失敗ではない
  • 勝率を高めることは限界がある
  • 損切りは失敗ではないので、迷わず実行する

損切りの重要性


損切りの重要性は投資をしていれば一度は耳にするものです。しかし、実際に大きな損失を出さないと損切りの重要性を理解することは難しいです。損切りは失敗であり想定外の出来事だという認識があるからのように思います。つまり、損切りから逃げたくなるのです。

「いずれ戻る」といった考え方だと、損失を抑えようとナンピンを繰り返してしまう可能性もあり、損失の拡大に繋がってしまいます。当たり前ですが価格がどうなっていくかは誰にもわからず、ずっと戻らない可能性もあるのです。

損切りは失敗ではない


相場を見てテクニカル的にエントリーポイントを決めることはできます。ただし、どんなに勝率の高い投資家であっても100%当てられることはありません。相場は何が起きるかわからず、突然大口の投資家から大量の売りが入る可能性もあります。このようなことが起きれば価格は一気に下落してしまいます。テクニカル分析をして確率を高めることは必須ですが、エントリー後にどのような動きをするかは誰にもわかりません。

つまり損切りは必ずしも失敗ではありません。正しいエントリーをしても損切りする状況はいくらでもあります。損切りはわかっていても精神的には辛いものですが、リスクヘッジであり失敗ではないという心持ちが重要ではないでしょうか。

勝率を高めることは限界がある


やり方によっても違いはありますが、スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードにおいて勝率を5割以上にすることは非常に難しいです。そもそも投資において勝率はあまり重要ではなく、利益が損失を上回ることが重要になります。仮に10回中3回しか勝てなくても、利益が損失を上回れば勝ちなのです。逆に10回中9回勝っても損失が出てしまえば負けです。損切りルールを決めて徹底しないと、9勝でも負ける可能性があります。短期トレードにおいては、小さな利益を積み重ね、迷わず損切りをすることが重要です。

損切りは失敗ではないので、迷わず実行する

相場を100%予測することは不可能であり、損切りは失敗ではありません。迷わずに淡々と損切りを実行することが重要です。迷っている間に損失が大きなってしまう可能性があります。仮想通貨の短期トレードにおいても損切りの重要性は変わるものではありません。短期トレードをする場合は、損切りルールを明確にしてから行ってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧