仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

テックビューロが運営するICOソリューションCOMSAの登録者が15万人を突破しました。COMSAのホワイトペーパーダウンロード数も6万件以上を記録し、日に日に注目度が高まっています。また、ZAIFトークンの取引高ランキングに応じてCOMSAトークンが付与されるキャンペーンも開催されています。

目次

  • COMSAの登録者が15万人を突破
  • ZAIFトークンの取引高ランキングが開催中
  • COMSAについて
  • 登録者の勢いが落ちない

COMSAの登録者が15万人を突破


テックビューロが運営するICOソリューションCOMSAの登録者が15万人を突破しました。COMSAのホワイトペーパーダウンロード数も6万件以上を記録し、日に日に注目度が高まっています。国内だけでなく海外でも注目を集めており、米国版Tech Crunchなど主要なICTメディアでニュースとして取り上げられています。

COMSAトークンはプレセールを開催中

COMSAのトークンセールは2017年10月2日から開始されますが、9月20日14:00までプレセールが開催されています。プレセールは10万ドル以上(日本円で約1,100万円)からと参加のハードルは高いですが、20%のボーナスが付与されます。10月2日から開始されるトークンセールでは、10万ドル以上などの下限はありませんので、少額から購入も可能です。

ZAIFトークンの取引高ランキングが開催中

テックビューロが運営する仮想通貨取引所Zaifでは、ZAIFトークンの取引高ランキングキャンペーンが開催されています。9月11日~11月6日までの間、ZAIF/JPYの取引高を集計し、ランキング上位者にCOMSAトークンが付与される内容です。合計30,000CMSトークン(COMSAトークン)が付与されます。また、ZAIFトークン保有量の上位300名にそれぞれ一律100CMSトークンを付与する「ZAIFトークン保有量ランキング」も開催予定です。

COMSAについて


COMSAは、トークンの発行販売を用いた資金調達であるICO(Initial Coin Offering)と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、Zaif取引所での上場、mijinによる内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができるサービスになります。
COMSAのダッシュボード登録

COMSA Token Sale Dashboard

登録者の勢いが落ちない

COMSAはリリース直後から注目を集め、初日で登録者が1万人を突破しました。そこから勢いが落ちることなく、15万人に達しました。リリースされたのが8月3日ですので、1日3,500人程は登録している計算になります。COMSAのトークンセールまで1ヶ月を切り、その後は他のプロジェクトのICOも実施されていくので、ますます注目度が高まりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧