仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨取引は大きく相対取引と取引所取引があります。相対取引は販売所、取引所取引は取引所と呼ばれています。どちらもメリット・デメリットがありますが、大口取引は相対取引(販売所)の方が向いており、使いやすいです。

目次

  • 仮想通貨、相対取引と取引所取引
  • 取引所取引で大口注文は入れにくい
  • 相対取引(販売所)が充実している仮想通貨取引所
  • 相対取引(販売所)を活用してみては

仮想通貨、相対取引と取引所取引


仮想通貨取引は大きく相対取引と取引所取引があります。相対取引は販売所、取引所取引は取引所と呼ばれています。相対取引は市場を介さずに当事者同士で売買を行うことです。この場合の当事者は自身とbitFlyerやcoincheckなど仮想通貨取引所運営企業になります。一方の取引所取引は市場を通じて直接ユーザー間で売買を行うことです。bitFlyerやcoincheckなどは売買する場を提供する立場になります。

取引所取引で大口注文は入れにくい


画像は世界トップの取引高を誇るbitFlyerのビットコインFXの板情報です。売り注文と買い注文が並んでいますが、数百万円~数千万円単位の大口注文だと一つの価格ではさばくことができず、複数価格で約定してしまうことになります。こうなると取得価格を計算することも大変ですし、提示された価格のみで約定する相対取引の方が安く取得できる場合もあります。

相対取引(販売所)は割高・割安になると言われるが

仮想通貨における相対取引は割高・割安になるイメージがありますが、大口注文の場合はこの限りではありません。むしろ安く取得でき高く売却できる可能性も出てきます。

相対取引(販売所)が充実している仮想通貨取引所

仮想通貨取引所は、ユーザー間で売買する取引所取引を提供していることが一般的です。中にはbitFlyerやcoincheckのように取引所取引と相対取引の両方を提供している場合もあります。そして相対取引のみ提供しているのがGMOコインです。GMOグループはFXでもお馴染みですが、大口注文でもスリッページが発生しない約定力の高さが特徴です。スプレッドも他社に比べ小さく、数千円~数万円単位の小口注文でも問題なく利用することができます。

また、現在ビットコイン、イーサリアム、Bitcoin Cashの取引ができ、2017年中にライトコイン、イーサリアムクラシック、リップルにも対応する予定です。

GMOコインの詳細はこちら

相対取引(販売所)を活用してみては

大口取引(レバレッジ取引)は特にですが、相対取引が活用できます。GMOコインのように相対取引に特化した仮想通貨取引所も出てきているので、以前よりも利用しやすくなっています。仮想通貨FXは相対取引、現物取引は取引所取引など使い分けてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧