仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

AnyPay株式会社がICOコンサルティングを実施した仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社がICOを実施することを発表しました。

目次

  • AnyPayのICOコンサルティング
  • BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表
  • 他にもICO案件が控えている

AnyPayのICOコンサルティング


オンライン決済サービス「AnyPay(エニーペイ)」やわりかんアプリ「paymo(ペイモ)」などの事業を手掛けるAnyPay株式会社は8月末にICOコンサルティング事業に参入することを発表しました。社内のプロフェッショナル(戦略コンサルティングファーム、投資銀行出身者等)に加え、社外の有識者や取引所等、国内外のパートナーも含めた金融・仮想通貨に造詣の深いチームでICO固有で必要なサポート(法律/会計観点からのスキーム検討、トークン発行・組成、国内外へのPR・マーケティング)をワンストップで提供する内容です。今回、そのコンサルティングを経た2社のICO実施が発表されました。

BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表


ICOを実施するのは、仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社です。両社とも年内のICO実施に向け、10月5日より事前登録の開始がされました。両社は既に多くのユーザーを抱え、サービスとして更なる成長が必要なステージであり、AnyPayでは、数ヶ月間に渡り2社のボードメンバーとトークンの設計、法的整理、ホワイトペーパーの作成を行ってきたようです。

Bread Token

Rental Coins | Powered by Drivezy

BreadとDrivezyについて

<Bread>
仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するシリコンバレーベンチャー。約120カ国に50万人以上のユーザーを抱え、約2,500億円の仮想通貨資産を管理している。

<Drivezy>
インドにて、自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するベンチャー。インド国内に50万人以上のユーザーを抱え、Yコンビネーター、グーグル、IT-Farm、DasCapitalなど、有名VCから16億円の資本金を調達済み。

他にもICO案件が控えている

AnyPayによると他にも国内のICO案件が控えており、年内に発表予定となっているようです。通常のICOプロジェクトと違いAnyPayによるスクリーニングがされていることから、投資家としても一定の安心感があるのではないでしょうか。また、今回発表された2社は有力なスタートアップ・ベンチャー企業であり、今後もこうした案件が出てくる期待も持てます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧