仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ICOプラットフォームCOMSAのICO(トークンセール)は、2017年11月6日に終了しました。総額で約110億円を調達し、大きな規模のICOとなりました。COMSAのCMSトークンの配布方法や仮想通貨取引所Zaifでの扱いについて紹介します。

目次

  • COMSA「CMSトークン」のICOについて
  • CMSトークンの配布方法や時期
  • CMSトークン購入者はZaif取引所への口座開設を
  • CMSトークンの取引開始、今後のICOに注目

COMSA「CMSトークン」のICOについて


テックビューロが運営するICOプラットフォームCOMSAのICO(トークンセール)は、2017年10月2日~11月6日まで開催されていました。プレセールで約30億円~40億円、トークンセールで約60億円を調達し、大きな規模のICOとなりました。CMSトークンはCOMSAが発行するトークンであり、COMSA上での2号案件以降のICOの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されます。

今後COMSAでは、米国VR/ARプラットフォーマー大手「CYBERLAB 9」、メタップスのタイムバンクのICO実施が確定しています。また、LooopやクリプトマイニングジャパンのICOも検討段階にあるようです。

CMSトークンの配布方法や時期


CMSトークンを受け取る方法は2つあります。「Zaif取引所で受取」または「各自のウォレットで受取」です。Zaif取引所での受取方法は後日発表すると記載があり、近い内にアナウンスがあるでしょう。ウォレットで受け取る場合は、「XEM mosaic、ETH ERC20」が取扱えるウォレットを用意する必要があり、代表的なものとしてMyEtherWalletやNano Walletがあります。アドレス登録可能時期は、11月中旬を予定しているようです。

CMSトークンの配布時期

トークンの配布は11月中旬〜11月末頃を予定しているようです。

CMSトークンの取引について

仮想通貨取引所 Zaifにて、CMSトークンの取扱い開始を予定しており、取引可能時期については11月末頃を予定しているようです。

CMSトークン購入者はZaif取引所への口座開設を

CMSトークン購入者は遅かれ早かれZaif取引所に口座開設することをおすすめします。受取はZaif取引所でなくてもできますが、売買するにはZaif取引所を利用する必要があるため、しばらくホールドを決めている場合を除けば、早めに作っておくのが賢明でしょう。口座開設は1週間~2週間程度は掛かってしまうため、早く売買したい場合はそろそろ準備を始める必要がありそうです。

Zaifの口座開設はこちら

CMSトークンの取引開始、今後のICOに注目

大きな注目を集めたCOMSA「CMSトークン」のICOが終了しました。取引開始となれば再び大きな注目を集めることになるでしょう。また、今後実施されるICOにも注目です。特にメタップスのICOは国内上場企業初のICOとなるため、仮想通貨市場以外での注目度も高まりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧