仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨FXとは、ビットコインのレバレッジ取引のことをいいます。日本円を証拠金として業者に預託し、差金決済によるビットコインの売買を行なう取引です。今回はそんな仮想通貨FXで登場するIFD・OCO・IFO…など注文方法について解説します。

目次

  • 仮想通貨FXについて
  • 仮想通貨FX「エントリー」と「決済」
  • 仮想通貨FXの注文方法
  • 仮想通貨FXはハイリスク・ハイリターン、投資は慎重に

仮想通貨FXについて


仮想通貨FXとは、ビットコインのレバレッジ取引のことをいいます。FXと付いていますが、外国為替証拠金取引とは関係ありません。わかりやすさを重視して各社FXという名称を使っています。日本円を証拠金として業者に預託し、差金決済によるビットコインの売買を行なう取引です。

少ない資金で大きな金額の取引を行うことができるのが特徴で、最大25倍のレバレッジを掛けることができます。証拠金が10万円あれば、最大250万円分のビットコイン取引が可能ということです。ただし、レバレッジは損失にも効いてきますので、ハイリスクハイリターンな投資方法となります。

仮想通貨FX「エントリー」と「決済」


仮想通貨FXは現物取引のように売買の都度、代金を受け渡すことはしません。決済時に売買により生じた損益のみを受け渡します(差金決済)。つまり、注文後どこかのタイミングで必ず決済が必要です。現物のようにいつまでも保有しておくことはしません。仮想通貨FXの場合は、建玉金額の0.05%/日(各社により異なる、0.05%は平均)が手数料として発生するため、長く保有するほど手数料負担が重くなります。

買いと売りどちらかでもエントリーできる

通常、現物取引の場合、安く買って高く売ることで利益を得ることができます。仮想通貨FXはこのロング(買い)に加えて、ショート(売り)でエントリーすることも可能です。慣れないとわかりづらいですが、相場が上昇すると考えればロング、下落すると考えばショートでエントリーし、実際にそうなれば利益を得ることができ、逆の結果になれば損失となるだけです。

仮想通貨FXの注文方法


仮想通貨FXは多様な注文方法が可能です。

・成行注文
これは現物でも一般的です。注文価格を指定せず、売買区分(ロングorショート)、取引数量を指定した注文方法です。

・指値注文
同様に現物取引でよく使う注文方法です。売買区分(ロングorショート)、取引数量に加えて、注文価格を指定して発注します。

・逆指値注文
指定したレートより価格が高くなったら買い、安くなったら売るという注文方法です。

特殊注文について

成行や指値は現物取引でも使われるので、さほど問題はないと思います。仮想通貨FXでは加えてさまざまな特殊注文が可能な場合が多いです。

・IFD注文
イフダンといいます。新規注文と決済注文を同時に出す注文方法です。つまり、エントリー時に損切りあるいは利確の決済注文を出しておくことができます。ただし、損切りと利確どちらかしかできませんので、注意が必要です。

・OCO注文
オーシーオーです。2つの注文を同時に発注し、一方の注文が約定するともう片方の注文がキャンセルされる注文です。例えば、指値注文と逆指値注文を同時に出すといったイメージです。

・IFD-OCO注文
IFD注文とOCO注文を掛け合わせた注文方法です。少し難しいかもしれませんが、エントリーの注文、決済時の利確あるいは損切り注文を行うことができます。

仮想通貨FXはハイリスク・ハイリターン、投資は慎重に

仮想通貨FXはさまざまな注文方法があります。レバレッジ取引と聞くとパソコンに張り付いてチャートと睨めっこするようなイメージがありますが、特集注文を使いこなすことで自動でエントリーから決済まで行うことも可能です。まずは慣れるために少額で一通り試してみるのがいいでしょう。レバレッジ取引はハイリスクハイリターンなので、リスクを許容できる金額で行ってください。

仮想通貨FXに適した取引所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧