ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。

目次

  • ICOとは
  • ICOの現状
  • 有望なプロジェクトかどうかの見極めが重要
  • ICO参加は慎重に

ICOとは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。トークン購入者は、トークンを開発するプロダクト内で使用できたり、上場後値上がりした際に売却して利益を得られたりするメリットがあります。ただ、上場する保証はありませんし、上場後値上がりする保証もない点は注意が必要です。

ICOの現状

ICOは2017年以降急激に増加しました。現在は2017年前半ほどの勢いはないものの、1ヶ月に数十~数百のプロジェクトでICOが実施されており、数は減っていません。ICOといえば、上場後に価格が何倍にもなりハイリターンが得られる印象がありますが、最近はそうしたICOは少数です。上場後にICO時の価格を割り込んでしまうことも珍しくありません。

理由としてはさまざまありますが、供給過多の傾向が見られる点や発行されたトークンをすぐに受け取り売却できてしまう点などが挙げられるでしょう。

長期保有は有効か

短期での売却益が見込めないなら、長期保有して値上がりを待つのも方法の一つです。しかし、仮想通貨は既に1,000種類を超えており、注目を集めることは簡単ではありません。また、上場後に取引がないと上場廃止になる可能性もあります。実際にLiquiなどICO後のトークンを扱うことの多い取引所では、廃止された銘柄も存在しています。

有望なプロジェクトかどうかの見極めが重要

ICOに参加して良い結果を出したなら、プロジェクトを見極める力を持つしかありません。最近でも上場後に成功を収めたプロジェクトは存在しており、いかにそうしたプロジェクトに参加できるかが重要になります。基準を見つけることは難しいですが、総合的な人気度、トークンをすぐに売却できない、あるいは保有にメリットのある仕組みを構築している、プロジェクトのマーケティング力などが重要になるのではないでしょうか。

ICO参加は慎重に

ICOは上場後大きく値上がりして利益を出せるといったイメージがあるかもしれませんが、最近はそうしたプロジェクトは減少傾向にあります。プロジェクトによって成否がはっきりしているため、プロジェクトを見極める力が重要です。いずれにしろ、ハイリスクになるため1年後も保有していたいと思えるプロジェクトのトークンを購入するのがいいでしょう。また、0円になっても痛くない金額で購入してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧