ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

AI(人工知能)は投資の世界で存在感を増しています。AIが銘柄を選択する投資信託の運用が開始されるなど、証券会社やIT企業を中心にサービス開発も活発です。仮想通貨の世界でも元マイクロソフト技術者が開発したウェブ・ボットが価格予想をするなど話題になっています。

目次

  • 存在感を増すAI(人工知能)
  • AI(人工知能)が仮想通貨の価格予想
  • AI(人工知能)の価格予想を信じていいのか?
  • AIは「貯蓄から投資へ」の流れを加速させる可能性がある

存在感を増すAI(人工知能)

AI(人工知能)は投資の世界で存在感を増しています。相場を大きく動かしていると言われるほどです。AIが銘柄を選択する投資信託の運用が開始されるなど、証券会社やIT企業を中心にサービス開発も活発です。個人投資家に身近なところだと、ロボアドバイザーがあります。資産配分、商品の選定、発注、リバランスなど、資産運用を自動で行ってくれるサービスです。WealthNaviやTHEO+などのサービスが有名ですが、利用している方も多いのではないでしょうか。

AI(人工知能)が仮想通貨の価格予想

仮想通貨の世界でも、最近元マイクロソフト技術者が開発したウェブ・ボットが価格予想をして話題になりました。ウェブ・ボットはSNSなどの投稿から主に感情を分析することで価格予想をするAIです。

ウェブ・ボットの予測によると、ビットコインは2018年に220万円まで上昇する、ビットコインキャッシュは2018年2月に大きく上昇する、イーサリアムは2018年3月に大きく上昇する、リップルは2018年に本格的な上昇をし、特に5月がピークになるなど、かなり具体的に予想をしています。他の仮想通貨も予想していますが、基本上昇すると予測されています。

AI(人工知能)の価格予想を信じていいのか?

投資は自己責任で行うものであり、何を根拠にするかは自由です。AIを信頼してもいいと思います。事実膨大なデータから分析しているわけで、アナリストの予想よりも信頼できるのかもしれません。大事なのは、後悔するのかしないのか。AIを信じて損をしても後悔しないのであれば、予測を参考に投資してもいいと思います。ただ、後悔するのであればやめたほうがいいでしょう。

AIは「貯蓄から投資へ」の流れを加速させる可能性がある

長年「貯蓄から投資へ」と叫ばれていますが、日本では投資文化がなかなか根付きません。AIはそうした方向性を変える存在になる可能性も秘めています。投資に踏み出せない理由は、「わからない」「怖い」などだと思いますが、AIによって目的に応じた運用が自動的にできれば間違いなく裾野は広がるでしょう。2020年にはロボアドバイザーが運用する資産額が220兆円に達するとされており、仮想通貨もAIが大きな影響力を発揮しそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧