ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

Initial Coin Offering=ICOが注目されています。ICOは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。短期間で数十億円や数百億円を集めるプロジェクトも存在していますが、仮想通貨相場との関係性は見逃すことができません。

目次

  • ICOの概要や特徴
  • ICOと仮想通貨相場の関係
  • ICO参加は仮想通貨投資よりもハイリスク

ICOの概要や特徴

ICOはInitial Coin Offeringの略で、独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらう資金調達方法です。資金を調達するプロジェクトにとっては、従来の資金調達方法よりも手間やコストがかからず、比較的大きな金額を調達できる可能性がある点がメリットになります。資金を拠出する側にとっては、購入したトークンが取引所に上場して価格次第で利益を得られる可能性がある点がメリットになります。

短期間で数十億~数百億円調達するプロジェクトも

ICOを実施するプロジェクトの中には、短期間で数十億~数百億円調達するプロジェクトも存在します。ベンチャー企業がこの金額を調達するには、既にプロダクトが完成し利用や導入が進んでおり将来も有望視されている必要がありますが、ICOではプロダクト開発がこれからの場合がほとんどです。にも関わらず、ここまで大きな金額が調達できるわけですが、要因の一つとして仮想通貨相場の高騰があります。

ICOと仮想通貨相場の関係

ご存知の通り、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨相場は高騰を続けています。ビットコインは100万円の大台を突破し、年初から約10倍の価格上昇を記録しました。この仮想通貨相場の高騰は、ICOで巨額の資金を調達する一助になっています。利益の出ている仮想通貨の一部であれば、ハイリスクなICOであっても資金を出すことへの抵抗は薄れます。仮に仮想通貨相場が下落し、多くの投資家が含み損を抱えている状況になれば、今よりも資金調達は難しくなるでしょう。

カネ余りの状況下で資金調達の民主化が実現した

仮に仮想通貨相場が下落してもICOはなくならず、資金が全く集まらなくなる状況にはならないでしょう。ICOは資金調達の民主化とも言われ、これまでベンチャー企業や有望なプロジェクトへの資金拠出手段を持たなかった一般の方が中心です。事実、数千円~数万円単位の小口購入も多くなっています。世界的にカネ余りの状況は続いており、資金調達の民主化が実現したことで多くの資金が集まっている点も見逃せません。

ICO参加は仮想通貨投資よりもハイリスク

ICOは上場後の価格上昇による利益を目的に参加している場合が多いと思いますが、上場するとも限りませんし、上場後にICO時の価格を上回る保証はありません。購入したトークンが0円になる可能性が十分あることを認識して参加の検討をしてください。仮想通貨投資で得た利益の一部を回すなどが現実的ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧