イーサリアムに関するコラム


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

世界中の名立たる大企業が参加するEnterprise Ethereum Alliance(EEA/イーサリアム企業連合)に複数の法律事務所と学術機関が参加することがわかりました。仮想通貨は法的な面での整備が追いついていない状況だけに、今回の参加には意義がありそうです。


イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所の大半が取り扱いをしています。しかし、国別の取引量を見ると日本円での取引は小さく、韓国ウォンや米ドルでの取引が多いことがわかります。


時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所でも大抵取引することができます。今回はイーサリアムを扱う取引所の購入価格を比較してみたいと思います。


UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)関連のUNICEF Venturesは、仮想通貨イーサリアムのスマートコントラクトを活用し、資金移動に関する実験を行うことを発表しました。寄付においては、自身の寄付金がどのように使われているのか不透明な部分がありますが、全ての活動を見ることができるようになり、透明性の高い運用が期待できます。


イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことです。


イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復しています。8月5日に2.5万円だった価格は9日に3.5万円を超えました。3.5万円に達したのは6月下旬以来で、高値だった水準に戻ったと言えるでしょう。Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムといった動きが考えられます。


イーサリアムへの影響は?SECがThe DAOへの声明を発表

イーサリアムへの影響は?SECがThe DAOへの声明を発表

米証券取引等監視委員会(SEC)は、The DAOは金融商品であり規制対象になる可能性があるとレポートで発表しました。The DAOは簡単に言うと、投資ファンドを分散型で行うプロジェクトです。しかし、ハッキング被害に遭いイーサリアムがハードフォークするきっかけになりました。


イーサリアムの取引量が過去最高水準に

イーサリアムの取引量が過去最高水準に

イーサリアムの取引量が過去最高水準まで高まっています。7月19日の取引量は20億ドルを超え、ビットコインの約3倍を記録しました。20日も20億ドルに迫る取引量でした。買い需要が高まったことも大きいですが、ICOで集めたイーサリアムを売却する動きがあることも大きいです。


bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタート

bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタート

bitbank.ccでイーサリアムの取引がスタートしました。板方式でビットコインでの売買(ETH/BTC)が可能です。ビットコイン、リップル、ライトコインに続く4通貨目の取り扱いとなり、近くモナコインの取り扱いも予定されています。


イーサリアムでアービトラージ取引。取引所間で価格差がある。

イーサリアムでアービトラージ取引。取引所間で価格差がある。

イーサリアムはほとんどの国内取引所が扱っています。ビットコインよりも取引所間の価格差が開いている傾向があり、アービトラージが有効な場合があります。イーサリアムのアービトラージのやり方や傾向などについて紹介します。


イーサリアムには4つの開発段階がある。

イーサリアムには4つの開発段階がある。

イーサリアムは誰でも自由にスマートコントラクトの記述や実行ができる分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームです。ETHがネットワーク上の基軸通貨になります。イーサリアムには4つの開発段階があります。現在は2段階目で3段階目のアップデートを控えている状況です。


イーサリアムの取引量がビットコインを上回る傾向

イーサリアムの取引量がビットコインを上回る傾向

時価総額では1兆円程の差があるイーサリアムとビットコインですが、取引量ではイーサリアムがビットコインを上回ることが多くなっています。理由はビットコインの取引量が減り、イーサリアムが爆発的に増加しているためです。背景には何があるのでしょうか?


【イーサリアム】2017年上半期の価格推移や出来事

【イーサリアム】2017年上半期の価格推移や出来事

イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨として時価総額2位に位置しています。2017年上半期は価格が高騰し、ビットコインとの差を一気に縮めました。イーサリアムの2017年上半期の価格推移や出来事をまとめて紹介します。


イーサリアムを利用したICOが急増。投資には慎重な判断を。

イーサリアムを利用したICOが急増。投資には慎重な判断を。

イーサリアムを利用したICOが急増しています。わずか数分で数十億円集めてしまうプロジェクトもあり、バブルのような状況です。投資手段としてイーサリアムが使われることが多く、イーサリアムの需要が高まり価格上昇しています。ただ、ICOへの投資は慎重な判断が必要です。


イーサリアム(ETH)価格が下落。ネットワーク混雑が原因か。

イーサリアム(ETH)価格が下落。ネットワーク混雑が原因か。

イーサリアム(ETH)価格が6月21日~22日にかけて下落しました。原因はネットワークの混雑です。イーサリアムを利用したICOが活発になっていますが、それによりイーサリアムの注文が急増し、ネットワークに支障が生じました。


イーサリアムの高騰が止まらない。5万円に近づく。

イーサリアムの高騰が止まらない。5万円に近づく。

イーサリアム(ETH)の高騰が止まりません。6月10日に3万円を突破すると一気に4万円を突破。一時48,000円台まで上昇しました。時価総額も約370億ドル(約4兆円)まで上昇し、ビットコインとの差を急激に縮めています。


イーサリアム価格が3万円を突破。時価総額もビットコインの50%以上に。

イーサリアム価格が3万円を突破。時価総額もビットコインの50%以上に。

イーサリアム(ETH)価格が6月10日、3万円を突破しました。5月末に仮想通貨暴落の影響を受けましたが、すぐにピーク時の価格を回復。そして大台の3万円を突破しました。1万円を突破したのが5月初旬だったので、わずか1ヶ月で3倍に高騰しています。


仮想通貨暴落でも安定した強さを見せるイーサリアム(ETH)

仮想通貨暴落でも安定した強さを見せるイーサリアム(ETH)

5月27日にビットコインを含むほぼ全ての仮想通貨が暴落しました。ビットコイン価格はピーク時の33万円台から一気に20万円台まで40%程の暴落となり、他の仮想通貨も20%~40%暴落しました。イーサリアムも同様に暴落しましたが、すぐに価格を戻し、ピーク時と同水準になっています。


イーサリアムの価格変動は関連プロジェクトにも注目を

イーサリアムの価格変動は関連プロジェクトにも注目を

イーサリアムはスマートコントラクトが特徴の仮想通貨です。ビットコインに次ぐ仮想通貨として地位を確立しています。イーサリアムのプラットフォームでは、Augurなど有望なプロジェクトが複数動いており、価格変動した際はそうした仮想通貨にも注目したいです。