ライトコインに関するコラム


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


関心が高まるライトコイン(LTC)。好材料と懸念点

関心が高まるライトコイン(LTC)。好材料と懸念点

2017年7月に関心を高めた仮想通貨といえばライトコイン(LTC)ではないでしょうか。ビットコインの分岐問題により主要な仮想通貨が暴落する中、ほとんど下落することなく高値を維持し続けています。そんなライトコインの好材料と懸念点を紹介します。


ライトコインとDASHが安定している理由

ライトコインとDASHが安定している理由

2017年7月10日から仮想通貨が暴落しています。主要な仮想通貨のほとんどが下落していますが、その中で高値を維持しているのがライトコインとDASHです。ライトコインとDASHが安定している理由は何なのでしょうか?


bitFlyer(ビットフライヤー)がライトコインの取り扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がライトコインの取り扱いを開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がライトコインの取り扱いを開始しました。既に販売所で売買可能になっています。ライトコインの取り扱いはcoincheck、bitbank.ccに次いで国内で3社目です。


ライトコイン(LTC)が連日高騰。6,000円を突破

ライトコイン(LTC)が連日高騰。6,000円を突破

ライトコインが7月3日から連日高騰しています。5日には6,000円を突破しました。6月末に主要な仮想通貨のほとんどが大幅に下落しましたが、いち早く価格を戻しピーク時の価格を超えました。高騰の理由は何なのでしょうか?


Amazonでビットコインとライトコインが採用される?

Amazonでビットコインとライトコインが採用される?

Amazonに対してビットコインとライトコイン決済導入を求める署名活動が展開されています。まだどうなるかはわかりませんが、5,000人以上の署名が集まっています。仮に採用されれば、ビットコインにとってもプラスですが、ライトコインは決済手段としてあまり普及していないため非常に大きな出来事でしょう。


ライトコイン(LTC)が高騰。ビットコインへの不安や新規上場が理由か。

ライトコイン(LTC)が高騰。ビットコインへの不安や新規上場が理由か。

2017年6月17日~18日にかけてライトコイン(LTC)が高騰しました。1LTC3,500円前後だった価格は5,400円台まで上昇しています。背景にはビットコインのUAHFに対する不安やヨーロッパ最大級の取引所であるBitstampへの新規上場などがありそうです。


ライトコイン(LTC)のSegwit導入が決定的。相場は暴騰中。

ライトコイン(LTC)のSegwit導入が決定的。相場は暴騰中。

ライトコイン(LTC)のSegwit導入が決定的な状況になっています。導入に必要な75%以上の合意を獲得し、26日か27日に正式に決定する予定です。相場は暴騰しており、非常に値動きが激しい状況となっています。


仮想通貨を米ドルなどの法定通貨に置き換えてみた結果...

仮想通貨を米ドルなどの法定通貨に置き換えてみた結果...

仮想通貨は700種類以上存在します。代表するビットコインは仮想通貨の基軸通貨的存在で、よく米ドルに例えられます。では、他の仮想通貨はどの法定通貨に例えられるのでしょうか? 共通点を探り法定通貨に置き換えてみたいと思います。


【仮想通貨の種類】注目したい10選

【仮想通貨の種類】注目したい10選

仮想通貨は700種類以上あると言われていますが、とても全てを把握するのは困難です。取引量や時価総額などを見て有望な仮想通貨を絞り込むことが重要になります。数ある仮想通貨の中で、ビットコインラボ編集部が注目する10選を紹介します。


ライトコイン価格が急騰中。その理由とは?

ライトコイン価格が急騰中。その理由とは?

2017年4月に入り、ライトコインの価格が急騰しています。3月末までは1LTC450円前後で推移していましたが、4月に入り1,000円を超えました。他のアルトコインも価格が上昇しており、ビットコイン以外の仮想通貨投資が活発化してきています。


ライトコインとは?第2のビットコインと呼ばれる仮想通貨。

ライトコインとは?第2のビットコインと呼ばれる仮想通貨。

ライトコインは仮想通貨の一種で、アルトコインを代表する存在です。「ビットコインがゴールドなら、ライトコインはシルバーを目指す」という目的のもと、チャーリー・リー氏によって開発されました。アルトコインはビットコインにはない機能を備えていることが多いですが、ライトコインは機能はほぼ同じで性能が優れているのが特徴です。