NEMに関するコラム


NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabの3社は、ビットコインやXEM(NEM)といった仮想通貨に加え、テックビューロとそのICO顧客が「COMSA」ソリューションを用いて発行するトークンに対しても直接投資を開始することを発表しました。


coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始。ハーベスティングに使える。

coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始。ハーベスティングに使える。

coincheckがNEM(XEM)の送金対応を開始しました。NEMはPOI(Proof of Importance)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、保有量や取引量に応じて報酬が受け取れます。coincheckで購入したNEMをハーベスティングに使ってみてもいいでしょう。


注目のアルトコイン。NEM(XEM)の売買ができる取引所一覧。

注目のアルトコイン。NEM(XEM)の売買ができる取引所一覧。

NEMは時価総額5位に位置するアルトコインです。通貨単位はXEMと表記されます。Proof of Importance(POI)というアルゴリズムに特徴があり、2017年に入って10倍以上の価格上昇を記録しています。今回はNEMの売買ができる取引所を紹介します。


ネム(NEM)/XEM価格が10円を突破。時価総額も5位に。

ネム(NEM)/XEM価格が10円を突破。時価総額も5位に。

ネム(NEM)/XEM価格の上昇が止まりません。5月7日に1XEM10円を突破すると、8日に15円台をつけ20円も射程圏内に捉えています。2017年当初、1XEM0.4円だったことを考えると30倍以上の伸びを記録しており、とんでもない勢いだとわかります。時価総額もDASHを抜き5位に浮上しました。


ネム(NEM)/XEM価格が5円台に突入。扱う取引所も増加。

ネム(NEM)/XEM価格が5円台に突入。扱う取引所も増加。

4月18日にネム(NEM)/XEM価格が急騰していることを紹介しましたが、26日に1XEMあたり5円台を突破し、勢いが収まる気配がありません。以前はZaifのみの取り扱いでしたが、coincheckも取扱を開始し、さらに売買しやすい環境となっています。


ネム(NEM)/XEM価格が急騰中。2017年で約8倍に

ネム(NEM)/XEM価格が急騰中。2017年で約8倍に

ネム(NEM)はProof of Importance(PoI)という仕組みを採用している仮想通貨です。単位はXEMと表記されます。現在価格が急騰中で、4月18日に1XEM3円を突破しました。2017年は1XEM0.4円からのスタートだったので、7倍~8倍に急騰しています。


【仮想通貨の種類】注目したい10選

【仮想通貨の種類】注目したい10選

仮想通貨は700種類以上あると言われていますが、とても全てを把握するのは困難です。取引量や時価総額などを見て有望な仮想通貨を絞り込むことが重要になります。数ある仮想通貨の中で、ビットコインラボ編集部が注目する10選を紹介します。


仮想通貨「ネム(NEM)/XEM」に注目。PoIという新たな仕組み。

仮想通貨「ネム(NEM)/XEM」に注目。PoIという新たな仕組み。

仮想通貨の種類は700種類以上あります。ネム(NEM)は時価総額トップ10に入る人気の仮想通貨ですが、取引所Zaifが運営するブロックチェーン構築プラットフォームmijinがネムの技術をもとにしている点などから日本でも注目度が高いです。PoIという新たな仕組みが特徴になります。