基礎知識

ビットコインに関する基礎知識を紹介しています。ビットコイン仕組みや使い方など基本を理解するのにお役立てください。

基礎知識に関連するキーワード

マイニング 仮想通貨法 換金 税金 ATM スケーラビリティ 販売所 セキュリティ 詐欺
>>基礎知識に関連するキーワード一覧

基礎知識のコラム一覧

【ビットコイン】分岐に関する情報を整理

【ビットコイン】分岐に関する情報を整理

ビットコインの分岐に関しては、数日で新しい情報が出てきており毎日のように移り変わっています。SegWit2x、UASF、UAHF、Bitcoin Cashなど登場する情報も多く理解が難しい状況です。そこで一旦現在の分岐に関する情報を整理したいと思います。


マイニングの採掘難易度とは?ビットコインのマイニングが難しい理由。

マイニングの採掘難易度とは?ビットコインのマイニングが難しい理由。

採掘難易度とはマイニングによりブロックを生成する際の難易度のことです。Difficulty(ディフィカルティー)とも呼ばれます。ビットコインマイニングにおける採掘難易度は基本的に上がり続けており、競争は激化しています。


カラードコインとは。ビットコインに色を付ける?

カラードコインとは。ビットコインに色を付ける?

ビットコインで使用されているブロックチェーンなどの技術を応用し、通貨以外の機能を持たすプロジェクトをビットコイン2.0と呼びます。カラードコインはその中の一つであり、ビットコインに色を付けることで株式や債券、金などさまざまなアセットを取引できるプラットフォームになります。


ハードウェアウォレットとは?セキュリティは万全?

ハードウェアウォレットとは?セキュリティは万全?

ビットコインなどの仮想通貨を管理する方法として最も安全とされているのがハードウェアウォレットです。オンラインのホットウォレットではハッキングや不正アクセスのリスクがありますが、ハードウェアウォレットであればそうした心配はありません。しかし、ハードウェアウォレットにもリスクは存在します。


アセットタイプの仮想通貨とは?

アセットタイプの仮想通貨とは?

仮想通貨は大きくカレンシータイプとアセットタイプに分けられます。カレンシータイプはビットコインに代表される、発行者が存在せずアルゴリズムに応じて発行量が増加する仮想通貨です。大半がカレンシータイプになりますが、アセットタイプの仮想通貨も増加傾向にあります。


ビットコインは非中央集権ではなく中央集権?

ビットコインは非中央集権ではなく中央集権?

ビットコインは非中央集権な仕組みになっています。政府や中央銀行のような通貨を発行する主体が存在せず、銀行のような中央機関に依存することなく台帳を管理できます。しかし、実質的に通貨発行と台帳管理の役割を担うマイナーがグループ化し中央集権化しているという批判もあります。


暗号通貨とは。仮想通貨との違いは?

暗号通貨とは。仮想通貨との違いは?

ビットコインに代表される仮想通貨は、英語では「CryptoCurrency」と言われ直訳すると「暗号通貨」になります。本来は暗号通貨という名称が正しいですが、日本では仮想通貨が浸透しており、暗号通貨と同義で使われることが多いです。


ビットコインのUASFは実施されない?BitmainがUAHFを発表。

ビットコインのUASFは実施されない?BitmainがUAHFを発表。

ビットコインは8月1日にUASF(ユーザー・アクティベート・ソフトフォーク)が実施される可能性が高まっていましたが、BitmainがUAHF(ユーザー・アクティベート・ハードフォーク)を発表し、再び混乱が生じています。果たしてどうなるのでしょうか?


仮想通貨(ビットコイン)と法定通貨の違い

仮想通貨(ビットコイン)と法定通貨の違い

仮想通貨は改正資金決済法により定義付けがされました。日本円などの法定通貨や電子マネーなどの通貨建資産と同じように使えますが、明確に区別されています。では、仮想通貨(ビットコイン)と法定通貨にはどのような違いがあるのでしょうか?


仮想通貨取引所のセキュリティ。コールドウォレットとは?

仮想通貨取引所のセキュリティ。コールドウォレットとは?

仮想通貨取引所を利用する上で重要な点がセキュリティです。取引所はハッキング対象として狙われることが多く、対策が求められてきました。コールドウォレットは全ての取引所が導入しており、インターネットから切り離されたオフライン状態で保管されているウォレットのことです。


ビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順のまとめ。

ビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順のまとめ。

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、取引所への口座開設が必要になります。口座開設には本人確認書類などが必要です。今回はビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順をまとめて紹介します。


仮想通貨トラブルの実態がNHKで放送。詐欺には注意しよう。

仮想通貨トラブルの実態がNHKで放送。詐欺には注意しよう。

仮想通貨トラブルの実態が6月5日のNHK「ニュース・シブ5時」で放送されました。いわゆるセミナーでの投資勧誘で、「上場前の今なら安く買える」といった未公開仮想通貨に関する内容でした。仮想通貨の価格上昇に伴い、トラブルは急増傾向にあります。


仮想通貨取引所の二段階認証を設定する方法

仮想通貨取引所の二段階認証を設定する方法

仮想通貨取引所を利用するうえで、最低限行っておきたいセキュリティ対策が二段階認証です。二段階認証はIDとパスワードに加えて、セキュリティコードによる確認を行うことで不正ログインされるリスクを軽減できます。Google Authenticatorという認証アプリを使用する方法が一般的です。


仮想通貨の発行について。Proof of Work?Proof of Stake?

仮想通貨の発行について。Proof of Work?Proof of Stake?

ビットコインなどの仮想通貨の多くは、中央管理者が存在せず決められたアルゴリズムによって新規発行されていきます。代表的なアルゴリズムがProof of WorkとProof of Stakeです。両者の特徴や違いについて紹介します。


ビットコインの51%攻撃とは?

ビットコインの51%攻撃とは?

51%攻撃とはマイニング速度の51%以上を支配し、不正を行うことです。ビットコインに代表されるProof of Workのアルゴリズムを採用している仮想通貨は51%攻撃のリスクがあります。51%攻撃とは何か、51%攻撃によって何ができるのかを紹介します。


仮想通貨に保険はある?盗難された際の補償は?

仮想通貨に保険はある?盗難された際の補償は?

仮想通貨はハッキング等により盗難される可能性があります。特に仮想通貨を大量に保有している取引所は狙われやすく、取引所口座に多くの資産を預けておくのはリスクが大きいです。そこで気になるのが保険です。取引所に預けている資産を盗難された際に補償はあるのでしょうか?


仮想通貨の定義とは。法律で決まっている?

仮想通貨の定義とは。法律で決まっている?

仮想通貨は2017年4月1日から施行された改正資金決済法により、定義付けがされました。これまではモノとして見なされていましたが、消費税の非課税も決まり、決済手段の一つとして認められた形になります。


ビットコインのボラティリティとは?低下傾向にある?

ビットコインのボラティリティとは?低下傾向にある?

ビットコインはボラティリティが大きいことで有名です。ボラティリティとは価格変動の大きさのことをいいます。ボラティリティは一般的に大きいほどリスクが高く、小さいほどリスクが低いとされますが、投資目的によって捉え方は変わってきます。


ビットコインの発行量は上限がある。上限に達した後はどうなる?

ビットコインの発行量は上限がある。上限に達した後はどうなる?

ビットコインは予め発行量が決められています。発行上限は2100万ビットコインです。2017年5月時点での発行量は約1600万ビットコインです。ビットコインの新規発行はマイニング(採掘)によって行われますが、採掘量は年々減っていくため、2100万に到達するのは2140年になります。


仮想通貨のメリット・デメリット。アルトコインにはどんな特徴がある?

仮想通貨のメリット・デメリット。アルトコインにはどんな特徴がある?

仮想通貨への投資が活発になってきています。仮想通貨はビットコインが代表的存在ですが、ビットコイン以外の通貨であるアルトコインへの投資も増加しています。今回は主にアルトコインのメリット・デメリットを紹介します。