仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨関連のニュースなどでよく登場する言葉に「トークン」があります。直訳すると代用貨幣といった意味がありますが、トークンとは何なのか、仮想通貨との違いは何かなどを紹介します。

目次

  • トークンについて
  • 仮想通貨とトークンの違い
  • トークンの特徴や存在意義
  • 仮想通貨とトークンの違いを理解

トークンについて

「トークン」は直訳すると代用貨幣などの意味があります。仮想通貨以外の分野でも使われることがあるため、登場するシーンにおいて意味が変わってきます。では、仮想通貨におけるトークンとはどのようなものなのでしょうか?

仮想通貨とトークンの違い

人によってはビットコインやイーサリアムなどもトークンと呼ぶ場合もありややこしいですが、トークンはビットコインやイーサリアムのブロックチェーン上で発行できるものです。ざっくり理解するのであれば、「独自ブロックチェーンで発行したもの=仮想通貨」、「既存ブロックチェーンで発行したもの=トークン」で問題ないと思います。

トークンにはどのようなものがあるのか

画像は仮想通貨の時価総額などを確認できるcoinmarketcapというサイトの情報です。coinmarketcapでは、CoinとToken(トークン)によって表示が分けられています。Platformという項目があると思いますが、これはこのプラットフォーム上で発行されているトークンという意味になります。プラットフォーム型の仮想通貨はいくつか存在しますが、やはりEthereum(イーサリアム)が多いことがわかりますね。

トークンの特徴や存在意義

トークンは株式のような性質を持っています。発行者が自身で供給量をコントロールできたり保有者に特典を与えたりすることができます。厳密には経営権を握れるわけではないので株式ではないですが、特徴は似ていると言えるでしょう。話題のVALUなどのサービスをイメージすると理解しやすいかもしれません。VALUは個人ですが、さまざまな優待などを付けることで自身のVAを売り出すことができます。

トークンは誰でも発行することができ、誰でも保有できる点が魅力です。発行者をトークン購入という形で応援(支援)することができ、自身は優待などメリットを享受できます。現状は売買益を狙った購入が多いことは事実ですが、必ずしも利益目的だけではありません。今後、さまざまな企業や個人がトークンを発行する時代になるかと考えています。

仮想通貨とトークンの違いを理解

トークンはビットコインやイーサリアムのブロックチェーン上で発行できるもので、株式ではないものの似たような性質を持っています。ICOやVALUにおいては、さまざまな問題が指摘されているものの、これまでにない新しい仕組みであり、適切な規制のもと運用されていくことを期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧