市況

ビットコインやアルトコインの市況に関する情報を紹介しています。ビットコインやアルトコインは日々価格が激しく動いており、最新情報を細かくチェックすることが必要です。仮想通貨の市況を理解するのにお役立てください。


市況のコラム一覧

仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

2018年1月16日夕方から、仮想通貨相場が暴落しています。ビットコインは20%程、主要なアルトコインは30%前後下落している状況です。ロイターが報じた中国人民銀行副総裁の仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解がきっかけになっているかもしれません。


【ビットコイン(BTC)相場展望】2018年は仮想通貨決済に期待高まる

【ビットコイン(BTC)相場展望】2018年は仮想通貨決済に期待高まる

あけましておめでとうございます。昨年は仮想通貨元年と呼ぶにふさわしい一年でしたが、2018年はデジタルエコノミーの大きな発展の年となる予感がします。


1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録したのが、モナコインです。約2円から2,000円台に上昇したので、1,000倍程上昇したことになります。2018年はどのような相場になるのでしょうか。


ビットコイン価格が200万円に回復。潮目が変わるか

ビットコイン価格が200万円に回復。潮目が変わるか

2018年1月6日、ビットコイン価格が約2週間ぶりに200万円台に回復しました。12月からアルトコインの高騰が続き、ビットコイン価格は低調な推移をしていましたが、潮目は変わるのでしょうか?


【2017年12月】仮想通貨の価格上昇率ランキング

【2017年12月】仮想通貨の価格上昇率ランキング

2017年12月の仮想通貨相場は11月に続き高騰しました。ビットコインが100万円から一気に200万円を突破し注目を集めましたが、主役はアルトコインだったと言えるでしょう。


仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

2018年1月4日、仮想通貨全体の時価総額が7,500億ドルを超えました。時価総額は2017年11月から急拡大しており、2ヶ月で約4倍になっています。このペースが続けば、1兆ドルを超える日も近いかもしれません。


ピーター・ティール氏のファンドがビットコインを大量取得と報道

ピーター・ティール氏のファンドがビットコインを大量取得と報道

PayPal(ペイパル)の創業者で、シリコンバレー有数の投資家として知られるピーター・ティール氏のファンドがビットコインを大量取得したとウォール・ストリート・ジャーナルが報道しました。


【2018年】仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)価格の予想

【2018年】仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)価格の予想

新年あけましておめでとうございます。仮想通貨市場にとって激動だった2017年が終わり、2018年に突入しました。2018年初回ということで、仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)価格の予想をしてみたいと思います。


リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


【ビットコイン取引】米ドルの取引量が日本円を上回る

【ビットコイン取引】米ドルの取引量が日本円を上回る

ビットコイン取引は日本円が4割以上を占め、長い間1位を確保していましたが、12月に入り米ドルの取引量が上回りました。ビットコイン先物の上場が決まったあたりから米ドルの取引量は増加傾向にありましたが、ついに逆転した形になります。


ビットコイン価格下落の要因とは。ピーク時から80万円程の下落

ビットコイン価格下落の要因とは。ピーク時から80万円程の下落

ビットコイン価格は12月7日に240万円台を記録しましたが、12月中旬以降は価格を下げ、現在は160万円前後での推移が続いています。ピーク時から80万円近く下落しているわけですが、要因は何なのでしょうか?


coincheck(コインチェック)銘柄。2017年で最も高騰した仮想通貨は?

coincheck(コインチェック)銘柄。2017年で最も高騰した仮想通貨は?

coincheck(コインチェック)は国内最多13種類の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。2017年は主要な仮想通貨が軒並み高騰していますが、coincheck銘柄で最も高騰した種類は何なのでしょうか?


相場高騰により、時価総額1兆円超えの仮想通貨が続出

相場高騰により、時価総額1兆円超えの仮想通貨が続出

ビットコインを中心に仮想通貨相場が高騰しています。主要な仮想通貨のほとんどが年末だけで数倍になっており、仮想通貨全体の時価総額は60兆円を超えました。単体で見ても時価総額1兆円を超える仮想通貨が増加しています。


【アルトコイン高騰】2017年前半の勢いを超えているか?主要通貨を比較

【アルトコイン高騰】2017年前半の勢いを超えているか?主要通貨を比較

2017年12月に入り、アルトコインの高騰が続いています。主要なアルトコインは軒並み高騰している状況です。2017年前半もアルトコインが高騰しましたが、現在はその勢いを超えているのでしょうか? 主要仮想通貨を比較してみたいと思います。


12月後半のビットコイン相場展望「価値とは何か」

12月後半のビットコイン相場展望「価値とは何か」

12月前半は駆け込み需要からまたしてもBTC相場史上最大の上昇幅となり、一時2,360,000円に到達。先物取引開始を受け不安感から調整に見舞われたものの、下落トレンドは続かず、現在190万円台で膠着しています。


仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨全体の時価総額が50兆円を突破しました。2017年初の時価総額は2兆円程でしたので、1年で25倍も拡大したことになります。特に11月からの伸びは凄まじく、1ヶ月で約2.5倍になりました。時価総額ランキング上位の顔ぶれに変化も生じています。


ライトコイン(LTC)が連日高騰。2万円に迫る勢い

ライトコイン(LTC)が連日高騰。2万円に迫る勢い

ビットコインや他のアルトコインの高騰に隠れ、あまり目立っていない印象がありますが、ライトコイン(LTC)が高騰しています。12月8日まで1万円前後で推移していましたが、9日に1.9万円台まで急騰。現在も1.9万円前後で推移しており、2万円間近に迫っています。


NEM(XEM)価格が70円台に急騰。WeChatアプリの開発が要因か

NEM(XEM)価格が70円台に急騰。WeChatアプリの開発が要因か

NEM(XEM)価格が前日から100%以上高騰しています。30円前後だった価格は一気に70円台まで高騰し、現在も60円~70円程で取引されています。高騰の要因はNEM China teamが開発したWeChatアプリと考えられます。


止まらない仮想通貨時価総額の拡大。4,000億ドル超に

止まらない仮想通貨時価総額の拡大。4,000億ドル超に

仮想通貨相場の高騰により、時価総額が拡大しています。12月8日現在、仮想通貨全体の時価総額は4,400億ドル程(約48兆円)まで拡大しています。ビットコインのシェアが増加傾向にあり、全体の65%程を占めています。


モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、10月に100円を突破。その後も高騰は止まることなく、12月には2,000円を突破しました。なぜこれほどまでに価格が高騰しているのでしょうか。