ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、10月に100円を突破。その後も高騰は止まることなく、12月には2,000円を突破しました。なぜこれほどまでに価格が高騰しているのでしょうか。

目次

  • モナコイン(MONA)価格の高騰
  • モナコイン価格高騰の理由
  • 今後のモナコイン相場
  • 今後のモナコイン価格に注目

モナコイン(MONA)価格の高騰


モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、12月に入り2,000円を突破しました。実に600倍以上の価格上昇です。特に10月以降の伸びが凄まじいです。2017年前半は主要な仮想通貨で初となるSegWit導入や半減期などが価格上昇要因となり、後半はbitFlyerへの上場や海外取引所への上場期待などが価格上昇要因になったと見られています。

モナコイン価格高騰の理由


モナコイン価格高騰はさまざまな理由があると思いますが、重要な点は日本人の取引が多い点です。つまり、日本人の資金がモナコインに流れている可能性が高いということです。なぜモナコインなのかについてですが、やはり日本発の仮想通貨という点が大きいのではないでしょうか。情報も入手しやすいですし、取っ付きにくい仮想通貨の中において身近な存在と言えるでしょう。

また、モナコインはbitFlyer、Zaif、bitbank.ccなど国内の主要取引所で売買することができます。アルトコインの中ではイーサリアムの次に売買しやすい環境が整っています。当然、リップルやライトコインなども売買しやすい状況にあるわけですが、2017年前半にかけて既に高騰してしまっており、モナコインのポテンシャルが大きいのではと考えるのは自然な流れと言えるかもしれません。

今後のモナコイン相場


モナコインのポテンシャルはまだ大きいと考えています。理由は海外での取引量が少ないためです。Bittrex以外の主要な海外取引所へ上場が実現すれば取引量は拡大するでしょう。また、モナコインは実需のある仮想通貨です。秋葉原などを中心に決済利用が広がっていますし、twitterではモナコインをチップとして送金することもできます。ビットコインのように広い対象ではなく、特定のコミュニティに特化している点も強みです。

今後のモナコイン価格に注目

モナコイン価格は2,000円を突破し、2017年だけで600倍以上の価格上昇を記録しました。国内で取引できる仮想通貨では、最も高騰しています。今後の価格がどうなるかはわかりませんが、期待できる部分も多く注目を集めることは間違いないのではないでしょうか。
bitFlyerの詳細はこちら

Zaifの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧