ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

12月15日の仮想通貨相場は主要なアルトコインが10%くらい下落して、数日続いた高騰が一段落しました。ただ、その中でリップルだけでは高騰を続けていて一時99円まで高騰しました。現在も80円台で推移していて、再度100円にチャレンジするかもしれません。

目次

  • 12月15日の状況
  • 仮想通貨相場高騰、いつ売ればいいのか
  • また次回

12月15日の状況

12月15日の仮想通貨相場は主要なアルトコインが10%くらい下落して、数日続いた高騰が一段落しました。ただ、その中でリップルだけでは高騰を続けていて一時99円まで高騰しました。現在も80円台で推移していて、再度100円にチャレンジするかもしれません。後はビットコインが数日ぶりに200万円を突破、現在も200万円前後で推移しています。

モナコインとCOMSAトークン

coincheckでは取り扱いのないモナコインとCOMSAトークンの状況です。モナコインは1,600円台で推移しています。2,000円を超えた高騰の後、数日このレンジで推移しているので状況としては悪くないと思います。COMSAトークンは一昨日400円を超えましたが、高騰は一旦落ち着いて300円台で推移しています。モナコインとCOMSAトークンはZaif取引所で取引できます。

資産状況


資産は122万円くらいです。保有量の多いリップルが高騰しているので、昨日より10万円くらい資産が増えています。

仮想通貨相場高騰、いつ売ればいいのか

ビットコイン、アルトコインともにここまで高騰していると含み益が出ている方は多いかなと思います。もしかしたらいつ売ろうかなと迷っている方もいるかもしれません。私の個人的な考えですが、仮想通貨相場はまだまだ伸びると思っています。なので今のところ売るつもりはありません。税金も掛かってきますしね。

伸びると思っている理由は、需要が増加する材料が揃っているからです。ビットコイン先物が始まって、ETFなどの議論も本格化してくるでしょうし、国内取引所では口座開設が殺到していると聞きます。2017年から仮想通貨投資を始めた方は早い方で、2018年からが本番ではないでしょうか。現在の状況は2017年4月~6月と同等あるいはそれ以上の勢いを感じます。

また次回

12月15日の仮想通貨相場はアルトコインの高騰が一旦落ち着きました。ただ、リップルは連日高騰していて100円に迫っています。ビットコインも数日ぶりに200万円を超えて、週明けから始まるCMEでのビットコイン先物取引に向けて動きが出てくるかもしれません。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所


当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧