仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録したのが、モナコインです。約2円から2,000円台に上昇したので、1,000倍程上昇したことになります。2018年はどのような相場になるのでしょうか。

目次

  • 2017年のモナコイン相場
  • 2018年は1,000円を割り込む展開。相場の行方は
  • 2018年のモナコイン相場に注目

2017年のモナコイン相場


モナコインは2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録しました。年初の価格は2円程度でしたが、12月に一時2,300円まで高騰。実に1,000倍以上の価格上昇を記録しています。2017年の主な出来事としては、SegWit導入、半減期、bitFlyerへの上場などが挙げられますが、中でもbitFlyerへの上場はモナコインの認知度を圧倒的高めた出来事ではないでしょうか。

2018年は1,000円を割り込む展開。相場の行方は

2018年のモナコイン相場は1,000円台からスタートしましたが、1月6日に1,000円を割りました。現在は回復していますが、決していいスタートを切ったとは言えないでしょう。果たして今後どのような推移を辿っていくのでしょうか。

モナコインの特徴

モナコインはライトコインを元に開発されているため、機能的には大きく変わりません。最大の特徴はコミュニティにあります。特定のコミュニティで流通しており、決済はもちろん投げ銭などの文化が発達しています。投げ銭とは、大道芸人などに投げ与える金銭が元々の意味ですが、モナコインは掲示板サイト「Ask Mona」や「Monappy」、そしてtwitterなどで投げ銭が行えます。いわば「いいね」をする感覚でモナコインを送ることができます。多少大げさに言えば、自然とモナコインのネットワークは拡大していくのです。

特定のコミュニティに特化しているデメリットも

一方、特定のコミュニティに特化してしまっているため、従来の投資家層には受け入れられない可能性があります。ややオタクっぽい印象を持つ方も多いかもしれません。つまり、拡大を続ける日本人仮想通貨投資家の資金はモナコインに向かわないかもしれません。

ポテンシャルは大きい

現状、仮想通貨のほとんどは実需を伴わないものですが、モナコインは特定のコミュニティで普及しており、実需のある仮想通貨といえます。先ほど触れたように特定のコミュニティに特化していることはメリット・デメリットがあると思いますが、若年層や海外の方には受け入れやすいのではないでしょうか。モナコインは取引のほとんどが日本人であり、海外では取引できる取引所も限られています。主要な海外取引所に上場し、モナコインのコミュニティが認知されることで、一気に浸透する可能性もありそうです。

2018年のモナコイン相場に注目

2017年、約1,000倍の価格上昇を記録したモナコインですが、2018年はどうなるのでしょうか。他の仮想通貨にはない特徴を持った仮想通貨であり、ビットコインや主要なアルトコイン価格とはあまり連動しない傾向があるので、相場をチェックしてみるのは面白いかもしれません。

モナコインを扱う主な取引所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧