仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

1月22日の仮想通貨相場は全体的に5%~10%下落しています。ビットコインは130万円前後です。ビットコインは先週末から130万円~150万円での推移が続いていて、レンジ相場と言える状況です。アルトコインも大きな値動きはありません。

目次

  • 1月22日の状況
  • レンジ相場はいつまで続く?
  • また次回

1月22日の状況

1月22日の仮想通貨相場は全体的に5%~10%下落しています。ビットコインは130万円前後です。ビットコインは先週末から130万円~150万円での推移が続いていて、レンジ相場と言える状況です。アルトコインも決まった範囲で価格が変動していて、ビットコインと同じような状況になっています。

資産状況

資産は152万円くらいです。先週末から150万円~170万円で推移しています。

レンジ相場はいつまで続く?

レンジ相場とは売りと買いが均衡となり、一定の値幅にて上下を繰り返している相場のことです。反対の言葉をトレンド相場といいます。長期的に見ると10月から上昇トレンドが続いていましたが、一旦終わりレンジ相場に突入したと見るのが妥当かもしれません。見極めは難しいですが、ずっとトレンド相場が続くことはあり得ないので、こういう時は必ずあります。

では、いつまで続くのか。前回のレンジ相場は9月だったと記憶しています。8月末に高騰が一段落して、9月はレンジ相場が続き、9月末から徐々に回復してきました。今回もこのような相場が1ヶ月くらい続く可能性はありそうですね。2月末くらいが目安と言えるかもしれません。

また次回

仮想通貨相場は週末に価格回復しましたが、週明けの1月22日は全体的に5%~10%下落していてレンジ相場と言える状況になっています。長期保有者にとっては退屈な時間と言えるかもしれませんが、短期トレードはしやすい状況と言えるかもしれません。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧