仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2月1日の仮想通貨相場は、全体的に価格が回復しています。ただ、上昇率は小さく小幅な値動きといった感じです。比較的好調なのが、LISK、イーサリアム、Zcashなど。LISKはbitFlyerへの上場で価格を上昇させています。

目次

  • 2月1日の状況
  • LINEとサムスン参入のインパクト
  • また次回

2月1日の状況

2月1日の仮想通貨相場は、全体的に価格が回復しています。ただ、上昇率は小さく小幅な値動きといった感じです。比較的好調なのが、LISK、イーサリアム、Zcashなどになります。主要な仮想通貨以外でも高騰している種類は少なく、全体的に上値は重い状況でしょうか。

好材料で反応はする

昨日、LISKがbitFlyerに上場しました。仮想通貨相場はあまり良くない状況が続いているので、そこまで影響はないかなと思っていましたが、LISK価格は2,300円台から一気に3,600円台まで上昇しています。現在は価格が落ち着き2,600円台で推移していますが、好材料に反応することはプラスに捉えていいのではないでしょうか。

資産状況

資産は123万円くらいです。

LINEとサムスン参入のインパクト

コインチェックなどの話題が取り上げられることが多く、LINEの仮想通貨事業参入やサムスンのマイニング事業参入はあまり取り上げられていない印象ですが、非常にインパクトは大きいと思います。LINEはアプリ上で仮想通貨取引所を展開するようですし、サムスンはマイニングチップを量産できる体制に入っているようです。特にビットコインのマイニングは、ASICの供給が追い付いていない状況なので、需給バランスが整うことになるかもしれません。中長期的にはビットコイン価格にも好影響を与えるニュースだと思います。マイニングがビットコイン価格上昇の足かせになっている部分はあると思いますので。

また次回

2月1日の仮想通貨相場は全体的に価格が回復しているものの、小幅な値動きとなっています。ただ、LISKがbitFlyer上場で高騰したので、こういうプラスの材料が出てくることを期待したいです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所


当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧