仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2月8日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。昨日ほどの上昇率ではないものの、ビットコイン・アルトコインともに10%前後回復しています。トレンドが変わりつつある感じがしますが、徐々に値を固めていって緩やかに上昇していくといいですね。

目次

  • 2月8日の状況
  • トレンドが変わったと判断していいか
  • また次回

2月8日の状況

2月8日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。昨日ほどの上昇率ではないものの、ビットコイン・アルトコインともに10%前後回復しています。中でも目立っているのがLISKです。2月20日に予定されているリブランディングが期待されているのかもしれません。昨年9月の暴落の際もそうでしたが、平均的に回復する中で特定の仮想通貨が高騰することが多かったので、好材料が控えている仮想通貨には注目だと思います。

資産状況

資産は88万円くらいです。昨日から微増といった感じです。

トレンドが変わったと判断していいか

まだ難しい状況ですが、悲観的なムードは徐々になくなりつつあるのではないでしょうか。ただ、本格的な上昇トレンドになるには時間がかかりそうで、大きく下落する日もありながら徐々に回復していく予想です。一気に高騰すると下落も激しくなるので、緩やかに100万円、150万円、200万円と進んでいってほしいです。

米議会の公聴会が悲観ムードを一掃

仮想通貨相場が回復している理由として、米議会で開かれた公聴会が影響していると思います。米国証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長と米国商品先物取引委員会(CFTC)のジャンカルロ委員長が仮想通貨に関する議員からの質問について回答しました。この公聴会はSECとCFTCが仮想通貨の監督役割についてどのような見解を持っているか発表される場であったため、非常に注目されていました。結果的に両者からは仮想通貨に対して理解のある発言がされ市場に安心感が広がったと考えられます。

また次回

2月8日の仮想通貨相場は、全体的に価格が回復しました。まだ不安定な印象ですが、徐々に回復していく期待が持てる感じになっています。コインチェックの不正流出をはじめ、まだ解決していない問題は多いですが、米議会の公聴会の結果を見る限り、規制に関してはあまり心配する必要はないのかもしれません。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧