仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2月23日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは一時的に100万円を割り、90万円台まで下落。アルトコインも5%~10%程下落している状況です。フランスの金融当局やイギリス議会の動向が価格に影響を与えている可能性がありそうです。

目次

  • 2月23日の状況
  • 欧州の規制動向はどの程度影響を与えるのか
  • また次回

2月23日の状況

2月23日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは一時的に100万円を割り、90万円台まで下落。アルトコインも5%~10%程下落している状況です。下落の要因は何とも言えませんが、フランスの金融当局やイギリス議会の動向が価格に影響を与えている可能性がありそうです。

フランスの金融当局やイギリス議会の動向

まずフランスからです。フランス金融市場庁がEUの新しい金融改革「第2次金融商品市場指令(MiFID2)」に従って、仮想通貨デリバティブを規制対象にすると発表しました。また、仮想通貨デリバティブのオンライン広告も禁止されます。仮想通貨ブームによりオンライン取引プラットフォームはビットコインなどの仮想通貨に連動したバイナリーオプションやその他デリバティブを取り扱うようになっていたといいます。

次にイギリスでは、下院財政委員会がビットコインなどの仮想通貨が銀行と消費者に与える影響を調査し規制の在り方を検討していると報道されています。

資産状況

資産は101万円くらいです。

欧州の規制動向はどの程度影響を与えるのか

個人的にはあまり影響はないと思っています。一時的に下落しているだけではないでしょうか。規制の話は特に新しい話題でもないですし、仮想通貨大国だった中国の規制でされ長期的に見ればほとんど影響は出ていない状況です。ただ、1月中旬以降、ビットコインの取引量は大分減少していて停滞感が漂っているのは事実です。取引量減少によって送金詰まりも解消されています。やはり何か好材料が出ないとピーク時の価格に戻るには時間が掛かりそうです。

また次回

2月23日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは数日ぶりに100万円を割り込み、アルトコインも同じように下落しています。ただ、規制の影響は一時的かなと思うのであまり心配はしていません。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧