仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月1日の仮想通貨相場は、昨日よりやや下落しています。小幅な値動きですが、アルトコインでは10%以上下落している種類もあります。早いもので本日から3月に突入しました。3月の仮想通貨相場はどのような推移を見せるのでしょうか。

目次

  • 3月1日の状況
  • 3月突入、仮想通貨相場はどうなる?
  • また次回

3月1日の状況

3月1日の仮想通貨相場は、昨日よりやや下落しています。小幅な値動きですが、アルトコインでは10%以上下落している種類もあります。主要な仮想通貨以外でも上昇している種類はほとんどありません。2日連続で回復が続いたので、一時的に下落している感じでしょうか。

資産状況

資産は104万円くらいです。

3月突入、仮想通貨相場はどうなる?

早いもので3月に入りました。仮想通貨相場は、2017年末から歴史的な高騰を続けて年明けまで勢いが続きましたが1月中旬に暴落。それ以降は低調な推移が続いている状況です。ただ、3月からは上昇トレンドに乗っていくと予想しています。理由としては、悪材料が出尽くしてこれ以上の悪いニュースはなかなか出ないと思うこと、2月後半からは徐々に価格が回復傾向にあることなどが理由です。

3月のG20

3月の大きなイベントとして注目されるのが、3月19~20日にアルゼンチンで開催されるG20(財務相・中央銀行総裁会合)です。初めて仮想通貨の規制が議論される予定となっていて、以前より注目を集めています。仮想通貨を国際的に規制するのは難しいと思うので、あまり具体的な話は出ないと思いますが、主要国が仮想通貨に対してどのような態度を取るかが注目でしょうか。

確定申告、納税

もう一つ大きな注目が仮想通貨の確定申告と納税です。おそらくですが、税金支払いのために仮想通貨を日本円に交換する方が増えると思います。どのくらい影響が出るかわかりませんが、「億り人」と呼ばれような多額の利益を出している方が納税する場合、日本円が足りないケースが多いと思うので、一定の売りはあると思います。

コインチェックの補償など

不正流出のあったコインチェックは、NEMの補償時期を明らかにしていませんが、納税の期限である4月中旬までには対応するのではないかと思います。NEMの日本円補償は実質的に仮想通貨を日本円に交換したことと同じ扱いになるので、非課税所得とはならず納税する必要があるからです。

また次回

3月1日の仮想通貨相場は、小幅な値動きではあるもの全体的に下落しています。3月は上昇トレンドに入ると予想していますが、果たしてどうなるのでしょうか。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧