仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月5日の仮想通貨相場は、全体的に価格が回復していて堅調な推移となっています。ビットコインは120万円台に再びのせました。アルトコインではMoneroやXRPが10%以上上昇していて好調です。

目次

    • 3月5日の状況

<liCOMSAのCMSトークンが100円割れ>目次2

  • また次回

3月5日の状況

3月5日の仮想通貨相場は、全体的に価格が回復していて堅調な推移となっています。ビットコインは120万円台に再びのせました。アルトコインではMoneroやXRPが10%以上上昇していて好調です。心配なのがNEM。主要な仮想通貨のほとんどが上昇している中で、下落してしまっています。

コインチェックから流出したNEMがZaifへ?

コインチェック流出NEM、「Zaif」に大量流入 8億円分超 「CoinPayments」経由でモザイク消す

NEMが下落しているのは、上記のような報道からかもしれません。コインチェックから流出したNEMが仮想通貨の決済プラットフォーム「CoinPayments」を経由し、Zaifに入金されていると記事は伝えています。流出したNEMはダークウェブで販売されたりDASHを経由して資金洗浄されたりしているようですが、NEM側に全く問題はないだけに残念な出来事です。

資産状況

資産は110万円くらいです。

COMSAのCMSトークンが100円割れ

COMSAのCMSトークンが下落しています。100円を割り80円台まで下落してしまいました。ICO実施プロジェクトの進捗がないこと、Zaifで発生している0円売買などのトラブルが原因かもしれません。何か材料が出ないと上昇することは難しそうですが、ICO実施プロジェクトの決定やICO規制が整備されれば上昇していきそうな感じもしています。私はCMSトークンを保有していないですが、ホルダーの方は難しい判断を迫られる状況かもしれません。

また次回

3月5日の仮想通貨相場は、全体的に価格が回復していて堅調な推移となっています。NEMやCMSトークンの下落が心配ですが、回復することを期待したいです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧