仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月7日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き小幅な下落となっています。全体的に5~10%程度下落している状況です。仮想通貨関連で特段大きなニュースはありませんが、北朝鮮情勢が変化の兆しを見せています。

目次

  • 3月7日の状況
  • 北朝鮮情勢に変化
  • また次回

3月7日の状況

3月7日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き小幅な下落となっています。全体的に5~10%程度下落している状況です。3月も1週間が過ぎようとしていますが、なかなか好転しない相場にもどかしさを感じている方も多いかもしれません。ただ、着実に底値は上がってきているので、悪くない状況だと思います。

ビットコインのチャートです。緩やかではありますが、上昇していることがわかります。ただ、取引量が減少していて様子見ムードは変わっていません。3月19日のG20までこのような相場が続きそうな感じもします。G20でどのような議論がされるかわかりませんが、規制の内容によってはプラスと判断される可能性も十分にあると思います。

資産状況

資産は103万円くらいです。

北朝鮮情勢に変化

北朝鮮情勢に変化がありましたね。非核化の可能性を示唆してアメリカと対話する意向を表明しました。この話題を取り上げたのは、仮想通貨相場と関係がありそうだからです。以前、アメリカと北朝鮮の関係が緊迫化した時、仮想通貨相場は上昇しました。政治や経済で危機的状況が起きた際は、有事の金など安全資産が買われる傾向がありますが、仮想通貨はそのような資産として認識されていると考えられました。今回はまだどうなるかわかりませんが、緊迫化とは逆の方向なので、仮想通貨が売られているのかもしれません。

また次回

3月7日の仮想通貨相場は、全体的に小幅に価格を下げました。G20まで様子見ムードが広がっているのと、北朝鮮情勢の変化などが影響しているのかもしれません。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧