仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月9日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは100万円を割り、アルトコインも10%以上下落している種類が多いです。そんな中、NEMはコインチェックが補償を発表したこともあり、上昇しています。

目次

  • 3月9日の状況
  • 仮想通貨相場下落の原因は?
  • また次回

3月9日の状況

3月9日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは100万円を割り、アルトコインも10%以上下落している種類が多いです。そんな中、NEMはコインチェックが補償を発表したこともあり、上昇しています。仮想通貨相場連日の下落によって、全体の時価総額は40兆円を割ってしまいました。

資産状況

資産は89万円くらいです。

仮想通貨相場下落の原因は?

今週は大きなニュースが多くてビックリしましたね。下落の要因かなと思われるニュースをまとめてみました。

Binance(バイナンス)の騒動

世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceで、顧客の仮想通貨が許可なく売却される騒動がありました。フィッシングで操作されていた可能性が濃厚みたいですが、不安が広がり下落の要因になったと思います。なおBinanceでは、不正取引を無効にし取引再開しています。

マウントゴックス破産財団の売却

マウントゴックスの破産管財人が、財団に属するビットコインとビットコインキャッシュの一部(約430億円相当)を第9回債権者集会(9月27日)から第10回債権者集会(3月7日)までの間に売却したことを公表しました。財団が管理しているビットコインは約166,344BTCあり、今回は約35,841BTCが売却されたようです。残りの仮想通貨売却に関しては裁判所と協議して決定するようですが、大きな売りが継続的に続くことになるかもしれません。

金融庁による行政処分

金融庁が仮想通貨取引所7社に対して行政処分を行いました。みなし業者の2社は業務停止命令が下されています。

コインチェックが記者会見し、NEMの補償を発表

これはマイナスではなくプラスのニュースだと思いますが、大きなニュースの一つとして紹介します。コインチェックが3月8日に記者会見を行い、来週中を目途にNEMの補償を実施、一部サービス再開を発表しました。この会見によりNEM価格は上昇する結果になりました。

また次回

3月9日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。今週は大きなニュースがたくさんあって、大分相場が混乱しました。2018年に入り低調な相場が続いていますので、そろそろ好転してほしいですが、上値は重そうです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧