仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月23日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは5~10%程度下落し、再び80万円台になりました。アルトコインも10%前後下落している種類が多いです。また、金融庁がBinance(バイナンス)へ警告を行いました。

目次

  • 3月23日の状況
  • 金融庁がBinance(バイナンス)へ警告
  • また次回

3月23日の状況

3月23日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは5~10%程度下落し、再び80万円台になりました。アルトコインも10%前後下落している種類が多いです。下落している要因としては、金融庁がBinance(バイナンス)へ行った警告、コインチェックから不正流出したNEMが全額他の仮想通貨に交換されたことなどが影響していそうです。

資産状況

資産は77万円くらいです。

金融庁がBinance(バイナンス)へ警告

昨日、日本経済新聞は金融庁が世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)に警告を行うと報道しました。この報道に対し、BinanceのCEOは「日本経済新聞の報道は無責任であり、我々は日本の金融庁と建設的な議論を行っている」とtwitterで反論しました。この反論があったことから、日本経済新聞の誤報かなとも思っていましたが、本日23日、金融庁から正式にBinanceに警告を行ったとアナウンスがありました。

金融庁の発表(PDF)

無登録で仮想通貨交換業を行ったとして警告

警告の理由は、無登録で仮想通貨交換業を行ったというものです。日本では仮想通貨交換事業を行うために、金融庁の登録が必要になります。Binanceは香港の取引所ですが、日本のユーザーも多く、一時は日本語のホームページも用意していました。

海外の取引所は日本向けに積極的な展開はできない

今回、Binanceに対して警告が出されたことから、今後海外の取引所が日本で積極的な展開をすることは難しくなりそうです。日本で展開したければ、登録を行ってくださいというメッセージと受け取って良いかと思います。

また次回

3月23日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。G20が終わり相場が良くなることも考えられましたが、規制関連のニュースが続きそうでしばらく我慢が必要かもしれませんね。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧