仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月26日の仮想通貨相場は、上昇している種類と下落している種類がありますが、いずれも値動きは小幅で、全体的には横ばいといった感じです。G20後も、金融庁のBinanceへの警告、国内クレジットカード5社のカードでの仮想通貨購入停止など、ネガティブなニュースは続いています。

目次

  • 3月26日の状況
  • G20後もネガティブなニュースが続く
  • また次回3

3月26日の状況

3月26日の仮想通貨相場は、上昇している種類と下落している種類がありますが、いずれも値動きは小幅で、全体的には横ばいといった感じです。時価総額上位100位の中で、上昇している種類と下落している種類がちょうど半分ずつくらいになっています。これまでは画一的な動きでしたが、何か変化が現れる兆候だといいですね。

資産状況

資産は78万円くらいです。

G20後もネガティブなニュースが続く

仮想通貨市場にとって大きなイベントであったG20が終わりましたが、あまり明るい話題はなくネガティブなニュースが続いています。先週末は金融庁がBinanceへ警告を出し相場が下落しました。そして週末には国内クレジットカード5社がカードでの仮想通貨購入を停止したことが報道されました。停止を発表したのは、クレディセゾン、JCBで、これに先立って三井住友カードや三菱UFJニコス、イオンフィナンシャルサービスが停止していたようです。

仮想通貨、カード購入を停止 国内クレジット5社

Yahooの参入

明るい話題といえば、Yahooの仮想通貨交換業への参入報道です。報道によれば、既に金融庁の登録事業者であるビットアルゴ取引所東京に出資すると言われています。本当だとすると本格稼働は夏くらいでしょうか。SBIバーチャルカレンシーズも夏からサービス開始と報道されていますので、夏が相場上昇のポイントになるのかなと思っています。

また次回

3月26日の仮想通貨相場は、上昇している種類と下落している種類があるものの、全体的に見ると横ばいといった感じです。あまり良いニュースがなく我慢が続きますが、相場は再び上昇すると思うので、じっくり待ちたいと思っています。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧