仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月29日の仮想通貨相場は、小幅な値動きですが、全体的に下落している種類が多いです。ビットコインは何とか80万円台に踏み止まっていますが、80万円を割る展開も考えられそうです。アルトコインは上昇している種類もありますが、主要な種類は5~10%下落しています。

目次

  • 3月29日の状況
  • みなし業者2社が申請取り下げへ
  • また次回

3月29日の状況

3月29日の仮想通貨相場は、小幅な値動きですが、全体的に下落している種類が多いです。ビットコインは何とか80万円台に踏み止まっていますが、80万円を割ってもおかしくない水準になっています。アルトコインは上昇している種類もありますが、主要な種類は5~10%下落しています。

ビットコインのシェアが上昇傾向

仮想通貨相場は全体的に下落が続いていますが、ビットコインよりもアルトコインの下落が大きいため、ビットコインのシェアが高まっています。年初から2月中旬までビットコインのシェアは30%台でしたが、現在は45%です。イーサリアム、XRPなど主要な仮想通貨のシェアが小さくなり、時価総額トップ10以外のシェアが高まっています。

資産状況

資産は69万円くらいです。

みなし業者2社が申請取り下げへ

仮想通貨交換業者として登録申請中のみなし業者であるミスターエクスチェンジと東京ゲートウェイが登録申請を取り下げました。安全管理体制の整備などで金融庁が求める水準を満たすのは困難と判断したようです。ビットステーション、BitExpress、来夢も登録申請を取り下げていますので、5社目となりました。コインチェック事件以降、金融庁は登録審査を厳格化していると思われ、規模の小さい企業では参入が難しくなっていることが伺えます。

また次回

3月29日の仮想通貨相場は、小幅な値動きですが全体的に下落する展開になっています。なかなか好転する兆しが見えませんが、仮想通貨やブロックチェーン活用は広がりを見せていますし、過渡期だと思って耐えたいと思います。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧