仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年に入ってから、仮想通貨相場は下落を続けています。ビットコインは2017年12月に1BTC=240万円を記録しましたが、現在は80万円台で推移しており1/3程度の水準です。再び上昇するタイミングは来るのでしょうか。

目次

  • 2018年の仮想通貨相場
  • 2017年のようにはならないか
  • キーワードは「規制」「実利用」か
  • 2018年の相場上昇タイミング

2018年の仮想通貨相場

2018年に入ってから、仮想通貨相場は下落を続けています。ビットコインは2017年12月に1BTC=240万円を記録しましたが、現在は80万円台で推移しており1/3程度の水準です。2月には一時的に64万円まで下落しました。

下落の主な要因になっているのが、世界的な規制強化です。年初は韓国で仮想通貨の取引所取引を禁止する法案を法務省が準備しているという報道などが相場を騒がせました。1月末にはコインチェックで不正流出事件が発生。金融庁が複数の業者に行政処分を下す結果になりました。G20でも仮想通貨規制が取り上げられ、監視を強化することで一致しています。

2017年のようにはならないか


2017年は主要な仮想通貨のほとんどが数十倍~数百倍に上昇しました。特にゴールデンウィーク前後からの上昇、年末の上昇が印象に残ります。共通しているのは口座開設者の急増です。ゴールデンウィーク前後は、4月から改正資金決済法が施行されたこともあり、一気に仮想通貨投資を始める方が増えました。年末は各社がテレビCMなど積極的なプロモーションを展開し、乗り遅れるなとばかりに口座開設者が殺到しました。取引所各社は対応が追い付かず、口座開設まで数週間かかることも珍しくありませんでした。まさに買いが買いを呼ぶ状況だったと言えるでしょう。

2018年に関しては、このような現象はあまり期待できそうにありません。先日bitFlyerはお客様数が200万人を突破したことをアナウンスしていて、コインチェックの口座数も100万超あることを考えると、既にキャズムを超えていると言えます。

キーワードは「規制」「実利用」か

今後の仮想通貨相場を考えるうえで、欠かせないキーワードとなりそうなのが、「規制」です。日本では4月から新しい業界団体が立ち上がり、自主規制などが整備されていく予定ですが、運用に乗るまでには数ヶ月以上かかるでしょう。アメリカでも日本と同様の登録制が導入される可能性がありそうですし、中国や韓国の状況も影響力が大きいです。また、ICO規制は世界的な課題でもあります。

もう一つ、「実利用」も重要なキーワードです。2017年は主に投機によって仮想通貨が広がりました。盛り上がりが一段落した今、社会に浸透していくには実利用が欠かせません。そのために必要なのが技術的発展です。特にスケーリングの問題が重要になるでしょう。例えばイーサリアムのDapps市場はゲームなどを中心に拡大を見せていますが、トランザクションを必要とするアクションに時間が掛かりすぎます。ネットワークに支払う手数料も高いです。スケーリングの問題に対し、どこまで改善が進むかが重要になりそうです。ビットコインではライトニングネットワークの実用化が進むかなどが重要になるでしょう。

2018年の相場上昇タイミング

今後の仮想通貨相場にとって重要なこととして、規制と実利用を挙げました。2018年のどのタイミングになるかはわかりませんが、規制は各国で整備されていくでしょうし、技術的発展があれば一気に実利用が広がる可能性もあります。

仮想通貨取引所の比較はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧