仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

3月30日の仮想通貨相場は、全体的に下落する展開となっています。ビットコインは一時70万円台まで下落し、60万円台に突入するところでした。アルトコインも10%程下落している種類が多く、全体の時価総額は28兆円まで縮小しています。

目次

  • 3月30日の状況
  • どこまで辛抱できるか
  • また次回

3月30日の状況

3月30日の仮想通貨相場は、全体的に下落する展開となっています。ビットコインは一時70万円台まで下落し、60万円台に突入するところでした。現在は少し回復しています。アルトコインも10%程下落している種類が多く、上昇している種類はほとんどありません。仮想通貨全体の時価総額は28兆円まで縮小しています。

資産状況

資産は64万円くらいです。今年に入って最低水準で、11月末~12月頭と同じくらいの資産状況になっています。

どこまで辛抱できるか

ビットコイン強気のリー氏のアドバイスは「辛抱」-2万5000ドルも視野

仮想通貨相場は下落が続いていますね。今のところは好転する兆しがありませんが、このような状況でも強気の予想をしている方は結構います。どうなるかはわかりませんが、上記記事のように私も規制環境が明確になれば上昇すると思っているので、辛抱して保有を続けたいと思っています。

来週から4月。仮想通貨相場はどうなる?

来週から4月に突入します。私は4月も3月と同じような状況が続くのかなと思っています。日本では新しい規制団体が立ち上がる予定ですが、4月中に大きな動きはないように思います。ゴールデンウィーク明けあたりから動きが出始め、夏までに自主規制が具体化するイメージを持っています。ですので、相場上昇は早くてもゴールデンウィーク明けかなという印象です。ただ、相場が上昇する保証はないですし、保有し続けることが正解とは限りませんので、自分で判断して頂ければと思います。

また次回

3月30日の仮想通貨相場は、全体的に下落する展開になりました。ビットコインは70万円割れ寸前まで下落し、直近の最低価格である64万円も現実的になっています。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧