仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

最新のBTC(ビットコイン)相場展望をお届けします。BTCは昨年末から続いていた長い下落チャネルをついに抜けました。

目次

  • 史上最長の下落チャネルを突破
  • 忘れてない?トレード戦略チェックリスト

史上最長の下落チャネルを突破

上値が重かったBTC市場ですが、明るいニュースが出ました。ついに昨年末から続いていた下落トレンドを突破しました。

この下落チャネルはほとんどのプレーヤーが否応なく意識していたものなので、今後のBTC価格にとって非常に大きな転換点となります。

また結果的に年安値は60万円台で底をつける形となり、これは昨年末のBTC市場の大加熱期を全戻しする水準であったことから底値を固めたという意味でもかなり達成感があります。「相場は達成感があるまで進む」との相場格言の通り、この水準で一旦下値攻めを終了したと見ていいでしょう。

しかしながら注意しなければならないのは、トレンドが終了する事とトレンドが反転する事は別物です。下落チャネルを突破し下落トレンドが終了したからと言って、ただちに上昇するわけではありませんので焦って買いを入れる必要はありません。

一旦抜けたレジスタンスラインにローソク足が近づくと、その線が今度はサポートラインになり、それを相場参加者が確認してから大きくトレンドが反転する、という定跡があるため、また価格が下落するのを待つのもいいかもしれません(筆者はこういう時打診買いしつつ下がったら買い増します)。

したがって、現在BTC市場は820,000円台-900,000円台のレンジ相場だと筆者は見ています。900,000円のブレイクアウトか上述の底値固めを待ちましょう。

忘れてない?トレード戦略チェックリスト

最近膠着相場が続いているためか、トレードで退屈している方も多いかと思います。このような時に基礎をうっかり忘れてしまうと、いざ相場が動き出した時に慌てふためいて機会を逸してしまうリスクがあるため、改めて基礎を振り返りましょう。

・相場には大小の節目がある
・色々な時間軸でラインを引く
・トレンドは否定する材料が出るまで継続する
・トレンドの持続性は平均足で確認する
・レンジ相場は高さと長さで次のブレイクの大きさが分かる
・支持線は抵抗線に変わる
・短い線より長い線を意識する
・ヒゲより終値の方が意識される

上記は相場の流れを見極める上では絶対に忘れてはならないテクニックです。皆さんも忘れてないでしょうか。

さりげなくチャートに線を書いておきここまで到達したらストップラインを引き上げる、ここまで上がったら半分利食う、など先に準備しておくだけでも全然違いますので、準備を行い一つ一つをマメにやる事を忘れないでおきましょう。

トレイダーズ証券グループ「みんなのビットコイン」の詳細はこちら

——————————————————————————————-
【執筆者】
河田 西欧(カワダ サイオウ)
トレイダーズ証券市場部ディーリング課
スイス・ジュネーブ生まれ。慶應義塾大学卒。
世界各国を旅した経験から実体験に根ざしたファンメンタルズ分析は説得力がある。
学生時に学んだ行動経済学を活かし、市場参加者の心理的バイアスを理論的に分析しトレードに活かす。
趣味は将棋でアマ高段者の腕前。中盤の駆け引きは相場の次の一手を読む時にも活かしている。
「大衆は常に間違っている」が信条。

【免責事項】
当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、トレイダーズ証券株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、トレイダーズ証券株式会社及び当社は責任を負いません。
——————————————————————————————-

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:河田西欧

河田西欧

トレイダーズ証券市場部ディーリング課 スイス・ジュネーブ生まれ。慶應義塾大学卒。 世界各国を旅した経験から実体験に根ざしたファンメンタルズ分析は説得力がある。学生時に学んだ行動経済学を活かし、市場参加者の心理的バイアスを理論的に分析しトレードに活かす。 趣味は将棋でアマ高段者の腕前。中盤の駆け引きは相場の次の一手を読む時にも活かしている。「大衆は常に間違っている」が信条。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧