ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年のゴールデンウィークが終了しました。昨年はゴールデンウィーク前後から仮想通貨口座の開設者が増加し、相場高騰のきっかけを作りました。今年も昨年のような現象を期待する声もありましたが、口座開設者は増加したのでしょうか。

目次

  • 2017年のゴールデンウィーク
  • 2018年、ゴールデンウィーク中に仮想通貨口座開設者は増加したのか
  • 信頼回復が最優先か

2017年のゴールデンウィーク

2017年はゴールデンウィーク前後から仮想通貨口座を開設する方が急増しました。きっかけは2017年4月に施行された改正資金決済法です。仮想通貨が正式に支払い手段として認められ、仮想通貨交換事業者は金融庁の登録が義務付けられ、信頼性が高まったことが大きかったのでしょう。口座開設者の増加により仮想通貨相場は高騰。XRPやNEMなどは100倍近くになり、大きな話題になりました。

2018年、ゴールデンウィーク中に仮想通貨口座開設者は増加したのか

では2018年のゴールデンウィークはどうだったのでしょうか。当然、正確な口座開設数を調べることはできませんが、「検索」は参考の一つになります。上記表はGoogleで「仮想通貨」というキーワードがどれだけ検索されているかを表したものです。ピークの年末年始に比べると、1/5程度の検索数となっており、ゴールデンウィーク中に増加はしていません。ビットコイン、イーサリアム、個別の取引所名などのキーワードでも大体同様の結果になっています。

昨年のような新規口座開設者急増は見込めないか

検索回数だけで全てを判断することはできませんが、口座開設前はさまざまな情報を検索することが普通ですので、検索回数に変化がないということは、昨年のような急増を見込むのは難しいでしょう。また、当サイトのデータを見てもゴールデンウィーク中に口座開設者が急増した事実はありません。

取引量も大きな変化なし

直近1ヶ月のビットコインの時価総額と取引量の推移です。相場が回復を始めた4月中旬から取引量が増加していることがわかりますが、ゴールデンウィーク前・中において大きな変化はありませんでした。通常大型連休中は取引量が落ちるため、もう少し経過を見る必要がありますが、ゴールデンウィーク中は既存投資家にも大きな動きがなかったことがわかります。

信頼回復が最優先か

仮想通貨口座の開設は、年末年始にピークを迎えました。しかし、コインチェックの不正流出事件をきっかけに口座開設数は減少しています。コインチェックの不正流出事件により、資金を引き上げた方も多いのではないでしょうか。今後、新規口座開設者を増加させるには信頼回復が最重要になるでしょう。新しく発足した日本仮想通貨交換業協会を中心とした動きに期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧