ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

最新のBTC(ビットコイン)相場展望をお届けします。下落チャネルを抜けたBTCは100万円前後で方向感を模索中です。

目次

  • 持合い形成から次のトレンドを待つ
  • ビットコインキャッシュが5/15にハードフォーク

持合い形成から次のトレンドを待つ


下落チャネルを突破した勢いを残しながら100万円まで価格を伸ばしてきたBTCですが、相場参加者がまだまだ疑心暗鬼なことから相場を固められずに心理的節目の前後を彷徨っています。日足チャートを見ると緩やかな三角持合いが確認できることからしばらくは方向感模索の動きとなるのではないでしょうか。

かねてより注目材料である
① SECによる規制ならびに仮想通貨の金融資産化
② 実需取引の拡充
③ XBT先物取引等での機関投資家が参入

のいずれにも今のところ進展が見られず、相場が過熱する材料がないため、市場期待が上向いていないという状況です。

テクニカル要因からは、100日移動平均線がサポートになっていることが分かります。
この100日移動平均線は前回の価格上昇時にダブルトップのネックラインになっていたことから市場の参加者の意識は高いと見られます。ここを守ることができれば120万円台ゾーンが見えてきます。逆に明確に割ってしまうとボリンジャーバンド下限の800,000円付近まで逆戻りする下落トレンドが発生しそうです。

ビットコインキャッシュが5/15にハードフォーク

BTCの対抗馬であるビットコインキャッシュが5/15辺りにハードフォークします。
今回のアップデートではトランザクション容量が8MBから32MBまで拡大され、Paypalと同等の処理能力を実現することが可能となると発表されています。

Paypalは21通貨以上に対応するクレジットカード支払いの決済サービスで、簡便に国際間のショッピングに利用できることが一つの特徴です。まさに仮想通貨が決済に利用されるのであれば目指すべきチェックポイントのような立ち位置にいます。

ビットコインキャッシュが実際にPaypalと同じ精度で使われることができれば、BTCに代わってビットコインキャッシュが仮想通貨の決済基盤となる可能性があり、市場では仮想通貨の基軸通貨がビットコインキャッシュになるのではないかという噂が広がっています。

このため、5/15にかけては一時的にBTCからビットコインキャッシュに資金が流出し、BTCの価格が下落するかもしれません。とはいえ本当に仮想通貨の基軸通貨が変わるのであれば、取引所の支援は不可欠ですので、いますぐにという話にはなりません。仮に資金が流れたとしても5/15が過ぎれば再びBTCに資金が戻る筆者は見ています。

トレイダーズ証券グループ「みんなのビットコイン」の詳細はこちら

——————————————————————————————-
【執筆者】
河田 西欧(カワダ サイオウ)
トレイダーズ証券市場部ディーリング課
スイス・ジュネーブ生まれ。慶應義塾大学卒。
世界各国を旅した経験から実体験に根ざしたファンメンタルズ分析は説得力がある。
学生時に学んだ行動経済学を活かし、市場参加者の心理的バイアスを理論的に分析しトレードに活かす。
趣味は将棋でアマ高段者の腕前。中盤の駆け引きは相場の次の一手を読む時にも活かしている。
「大衆は常に間違っている」が信条。

【免責事項】
当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、トレイダーズ証券株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、トレイダーズ証券株式会社及び当社は責任を負いません。
——————————————————————————————

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:河田西欧

河田西欧

トレイダーズ証券市場部ディーリング課 スイス・ジュネーブ生まれ。慶應義塾大学卒。 世界各国を旅した経験から実体験に根ざしたファンメンタルズ分析は説得力がある。学生時に学んだ行動経済学を活かし、市場参加者の心理的バイアスを理論的に分析しトレードに活かす。 趣味は将棋でアマ高段者の腕前。中盤の駆け引きは相場の次の一手を読む時にも活かしている。「大衆は常に間違っている」が信条。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧