仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

5月17日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しているものの、5%前後の値動きで上値の重い展開になっています。ビットコインは90万円台前半で推移している状況です。ニュースとしては、中国政府が仮想通貨の格付けを発表して話題になっています。

目次

  • 5月17日の状況
  • 中国政府が仮想通貨の格付けを発表
  • また次回

5月17日の状況

5月17日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しているものの、5%前後の値動きで上値の重い展開になっています。ビットコインは90万円台前半で推移している状況です。アルトコインは30%近く上昇しているあるものの、全体的に見ると小幅な値動きになっています。

資産状況

資産は89万円くらいです。

中国政府が仮想通貨の格付けを発表

5月17日、中国の産業情報省が仮想通貨の格付けを発表したと報道がありました。これは28種類の仮想通貨を主に技術面から評価するものです。結果としては、1位がイーサリアム、2位がSteem、3位がLISK、4位がNEO、5位がkomodo、6位がStellar、7位がCardano、8位がIOTA、9位がMonero、10位がStratisとなりました。11位以下はQtum、BitShares、ビットコイン、Verge、Waves、イーサリアムクラシック、リップル、DASH、Siacoin、Bytecoin、ライトコイン、ARK、Zcash、Nano、ビットコインキャッシュ、Decred、Hcash、NEMと続きます。仮想通貨の格付けは他の機関や企業でもされていますが、まだ確立されたものではないので、参考程度に見ておくのがいいでしょう。

また次回

5月17日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しているものの、値動きは小幅となっています。100万円、1万ドルの壁が高く上値の重い展開が続いていますので、そろそろこの壁を超えたいところです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧