仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

6月5日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは80万円台前半で推移し、アルトコインは5%前後下落している種類が多いです。下落の原因として、マウントゴックスの破産管財人ウォレットから資金の移動が確認されたなどが指摘されています。

目次

  • 6月5日の状況
  • コインベース日本進出
  • ジョン・マカフィー氏が2020年大統領選出馬
  • また次回

6月5日の状況

6月5日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは80万円台前半で推移し、アルトコインは5%前後下落している種類が多いです。下落の原因として、マウントゴックスの破産管財人ウォレットから資金の移動が確認されたことなどが指摘されています。ただ、下落幅は小さくそこまで影響は受けていない印象です。

マウントゴックス破産管財人の売却について

これは以前から度々登場する話題ですね。今回は約8,000BTCが4回に分けて売却されたと言われています。仕方ないことではありますが、高くなったタイミングで徐々に売却している感じなので、一気に売却してもいいのではとも思ってしまいます。後どれだけ売却されるのかはわかりませんが、消化されるほど影響力は小さくなるので、下落圧力が減っていくことに期待したいですね。

資産状況

資産は79万円くらいです。

コインベース日本進出

また大きなニュースがありました。アメリカ最大級の仮想通貨取引所であるコインベースが日本進出するニュースです。三菱UFJが出資しているので、以前から噂はありましたが、年内に登録申請を行うようです。さらに競争が激しくなりそうです。

ジョン・マカフィー氏が2020年大統領選出馬

マカフィー創業者で仮想通貨支持者のジョン・マカフィー氏が2020年の大統領選出馬を表明しました。本人も勝てるとは思っていないようですが、仮想通貨の発展に貢献できると考えているようです。アメリカでどのように見られている方なのかはわかりませんが、自身の考えを広くアピールできる場であることは間違いなさそうですね。

また次回

6月5日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。SBIバーチャル・カレンシーズのサービス開始、コインベースの日本進出などかなりの好材料も出ていますが、まだネガティブなニュースに押されてしまっている印象です。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧