仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

6月12日の仮想通貨相場は、全体的に見ると昨日と大きな変化はありません。ビットコインは75万円前後で推移し、アルトコインは5%前後の値動きが多いです。そんな中、イーサリアムクラシック(ETC)がコインベース上場発表で大きく上昇しています。

目次

  • 6月12日の状況
  • バイナンスがユーロ/仮想通貨の取引を開始へ
  • また次回

6月12日の状況

6月12日の仮想通貨相場は、全体的に見ると昨日と大きな変化はありません。ビットコインは75万円前後で推移し、アルトコインは5%前後の値動きが多いです。そんな中、イーサリアムクラシック(ETC)がコインベース上場発表で大きく上昇しています。コインベースがブログで発表しました。まだ正式な取引開始日などは明らかにされていませんが、近いうちに取引開始になるでしょう。

上場の話題で大きく反応

大手取引所に新規上場するニュースは、必ずと言っていいほど価格に好影響を与えてきました。しかし、直近は相場が悪いこともあり反応がいまいちなことも多かったです。おそらくコインベースに上場という点が評価されているのでしょう。コインベースはビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインと主要な仮想通貨しか取り扱いをしていません。つまり、上場の価値が大きくなります。また、機関投資家向けサービスを充実させていて、取引量増加も期待できます。

資産状況

資産は75万円くらいです。

バイナンスがユーロ/仮想通貨の取引を開始へ

バイナンスでも大きな動きがありました。ユーロ/仮想通貨ペアの取引を今年中に開始するようです。バイナンスが法定通貨を扱うのは初で、今後ユーロ圏ユーザーの取引量増加が期待できるかもしれません。

また次回

6月12日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はないものの、イーサリアムクラシックが大きく上昇しました。好材料が出ても価格が反応しないことが多かったですが、コインベース上場はビッグニュースということでしょう。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧