仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

7月2日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。ビットコインは70万円前後で推移しています。上昇している種類と下落している種類がありますが、値動きは小幅となっています。そんな中、比較的上昇しているのがNEMです。

目次

  • 7月2日の状況
  • 2018年上半期終了、下半期の相場は?
  • また次回

7月2日の状況

7月2日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。ビットコインは70万円前後で推移しています。上昇している種類と下落している種類がありますが、値動きは小幅となっています。先週末は、一時64万円台まで落ち込んでいましたが、日曜日に急回復し、71万円台まで戻しました。ひとまず最安値圏からは脱した感じでしょうか。

NEMが上昇

今日は全体的に大きな動きはありませんが、NEMが比較的高い回復率となっています。先日韓国最大の取引所であるBithumbに上場し、取引量が増加している模様です。ただ、20円に満たない価格であり、本格的な回復とはなっていません。

資産状況

資産は70万円くらいです。

2018年上半期終了、下半期の相場は?

2018年も6月が終わり上半期が終了しました。上半期は年初にピーク価格に達し、以降は基本ずっと下落している状態でした。ほとんどの仮想通貨がピーク時の半分以下の価格に落ち込んでいます。下半期は、さまざまな予想がありますが、年末までに100万円に回復すればいいのかなと思っています。

ただ先日、仮想通貨デリバティブを手掛けるBitMEX社のCEOが、ビットコインは年内に5万ドルに達すると予想しました。ビットコインETFが年内に実現する予想もあり、もしかしたら大きく飛躍するかもしれません。実際、2017年も遥かに予想を超える価格に達したので、何が起きても不思議ではないですね。

また次回

7月2日の仮想通貨相場は、大きな動きなく推移しています。NEMが比較的回復していますが、そこまで顕著に動いているわけではありません。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧