仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

7月13日の仮想通貨相場は、午前中下落していましたが、やや価格を戻しています。ビットコインは68万円~70万円で推移し、アルトコインは1~3%程回復している種類が多いです。また、注目を集めているビットコインETFですが、SECが承認の可否を判断する日が明らかになりました。

目次

  • 7月13日の状況
  • ビットコインETFに動き
  • GunosyとAnyPayの合弁会社LayerX
  • また次回

7月13日の状況

7月13日の仮想通貨相場は、午前中下落していましたが、やや価格を戻しています。ビットコインは68万円~70万円で推移し、アルトコインは1~3%程回復している種類が多いです。結局今週もレンジ相場が続きました。7月中旬になりましたが、なかなか動かないですね。

資産状況

資産は69万円くらいです。

ビットコインETFに動き

シカゴオプション取引所(CBOE)が申請したビットコインETFに動きがありました。承認の可否を判断する日がSEC(米証券取引委員会)の文書で明らかになりました。届けが出されてから45日以内、もしくは最大で90日以内となります。45日は8月10日、90日は9月24日です。早ければ来月に承認される可能性もあり、注目を集めそうですね。どうなるかわかりませんが、承認されても否決されても仮想通貨相場への影響はありそうです。

GunosyとAnyPayの合弁会社「LayerX」

昨日、GunosyとAnyPayが合弁会社LayerXの設立を発表しました。ブロックチェーン技術に特化したコンサルティング、トークン事業、マイニングなどが主な事業となるようです。Gunosy代表の福島氏が代表から取締役になり、新会社の代表に就任するので、かなりの本気度だとわかります。Gunosyは株価も高騰していて、今後の展開に注目が集まっています。

また次回

7月13日の仮想通貨相場は、小幅な値動きながらやや回復しています。直近で最も注目を集めそうなのは、コインチェックの再開可否やビットコインETFでしょうか。いずれも市場へのインパクトは大きいと思うので期待したいです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧