仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

7月19日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは3%程下落して80万円台前半で推移、アルトコインは5~10%下落している種類が多いです。昨日の大きな上昇からの戻りだと思いますが、下げ幅は大きくなく限定的となっています。

目次

  • 7月19日の状況
  • FRB議長、仮想通貨に対しコメント
  • 野田聖子総務相が金融庁に説明要求?
  • また次回

7月19日の状況

7月19日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは3%程下落して80万円台前半で推移、アルトコインは5~10%下落している種類が多いです。昨日の大きな上昇からの戻りだと思いますが、下げ幅は大きくなく限定的となっています。トレンドが変わったような感じもしますが、しばらく80万円台前半で推移するかもしれません。85万円を超えてくれば100万円回復も視野に入ってきそうです。

資産状況

資産は73万円くらいです。

FRB議長、仮想通貨に対しコメント

FRBのパウエル議長は、仮想通貨に対し、金融市場に脅威を生むほどの規模に成長していないが、詐欺やマネーロンダリングなどリスクが大きく規制が必要とコメントしました。また、本質的な価値がないため、貨幣ではないという見解も示しています。

野田聖子総務相が金融庁に説明要求?

野田聖子総務相の事務所が今年1月に、無登録での仮想通貨交換業の疑いで金融庁から調査を受けていた企画会社の関係者を同席させたうえで、金融庁の担当者を呼び、庁としてのスタンスなどを説明させていたことがわかりました。この会社は昨年から独自の仮想通貨を販売していたようで、金融庁は資金決済法違反の疑いがあると同社に通告し、回答を求めていたようです。行政機関への圧力とも取られかねない内容で、野田総務相側は説明する必要が出てきそうです。

また次回

7月19日の仮想通貨相場は、全体的に下落しました。ただ、下げ幅は限定的で明日以降に期待が持てる内容になっています。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧