仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

8月7日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは2%程下落して77万円台、アルトコインは3%~5%程下落している種類が多いです。そんな中、イーサリアムクラシックは10%程の上昇を記録しています。

目次

  • 8月7日の状況
  • ゴールドマン・サックスが仮想通貨のカストディサービスを検討?
  • また次回

8月7日の状況

8月7日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコインは2%程下落して77万円台、アルトコインは3%~5%程下落している種類が多いです。またじりじりと下落する展開になっていますが、数多くの申請が出されているビットコインETFの年内上場が難しいのではという見方が出ていて、弱気な相場になっている印象があります。

イーサリアムクラシックは上昇

そんな中、イーサリアムクラシックは上昇しています。10%程の上昇を記録しました。イーサリアムクラシックはコインベースへの上場が間近ということで直近も堅調な推移となっていますが、アメリカの最大の株式アプリで、手数料無料の仮想通貨取引所も運営するロビンフッドに上場したことが今回の上昇理由だと思われます。

資産状況

資産は65万円くらいです。

ゴールドマン・サックスが仮想通貨のカストディサービスを検討?

ゴールドマン・サックスが仮想通貨ファンド向けのカストディサービスを検討していると報道がありました。カストディサービスは保管サービスのことで、機関投資家参入にあたり必要不可欠と言われています。現在、コインベースがサービスを開始している他、日本では野村ホールディングスが研究を始めている分野です。ゴールドマン・サックスが開始するとなると、インパクトは非常に大きいでしょう。

また次回

8月7日の仮想通貨相場は、全体的に下落していますが、イーサリアムクラシックは新規上場により主要仮想通貨で唯一価格上昇しています。相場はまた少し重たい雰囲気になっていますので、ビットコインETFなどわかりやすい好材料がないとなかなか好転しないかもしれません。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧