仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

10月2日の仮想通貨相場は、上昇している種類も下落している種類もあり、全体的に見ると横ばいの推移となっています。ニュースとしては、リップル社主催の「SWELL」が開幕しています。

目次

  • 10月2日の状況
  • リップル社主催「SWELL」が開幕
  • また次回

10月2日の状況

10月2日の仮想通貨相場は、上昇している種類も下落している種類もあり、全体的に見ると横ばいの推移となっています。ビットコインは75万円前後で推移していて、アルトコインではNEMが好調です。XRPはSWELL開幕後に価格上昇となりましたが、現在はやや価格を落としています。

資産状況

資産は60万くらいです。

リップル社主催「SWELL」が開幕

リップル社主催の「SWELL 2018」が開幕しました。XRPを使用するソリューションであるxRapidを3社が商用利用していることを明らかにしました。国際送金事業を行うイギリスのMercuryFX、同じく送金系の会社であるメキシコのCuallix、信用組合に金融サービスを提供するアメリカのCatalyst Corporate Credit Unionの3社です。他にもxRapidをテスト利用している会社はいくつかあり、今後の商用化が期待されます。このニュースは織り込み済みだったので、大きな価格上昇はなかったですが、大きく下落することもなく良かったのではないでしょうか。SWELLではクリントン元大統領も講演しました。

また次回

10月2日の仮想通貨相場は、全体的に横ばいの推移となりました。相場はXRPが引っ張る形で堅調な推移が続いています。SWELL後にどのような推移になるか注目ですね。また、Zaifの問題がありあまり話題になっていませんが、そろそろコインチェックなどみなし業者の登録にも動きがあるといいですね。ではまた次回、楽しみにしていてください。

 

使っている取引所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧