ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年7月10日から仮想通貨が暴落しています。主要な仮想通貨のほとんどが下落していますが、その中で高値を維持しているのがライトコインとDASHです。ライトコインとDASHが安定している理由は何なのでしょうか?

目次

  • ライトコインが安定している理由
  • DASHが安定している理由
  • モナコインも比較的堅調
  • ライトコインとDASHの価格推移に注目

ライトコインが安定している理由

ライトコインは仮想通貨暴落の煽りを受けて価格は下落しているものの、依然として5,000円前後の高値で推移しています。上昇トレンドは変わっていないと見ることができるでしょう。他の主要な仮想通貨が5月・6月の半値くらいで推移する中、存在感を発揮しています。理由として考えられるのが、ビットコインの避難先として買われていることです。ビットコインは分裂問題が混沌とした状況になっていますが、既にSegwitを実装しており、ビットコインに近い特徴を持つライトコインが買われている可能性があります。また、中国や韓国の取引所では、ETH/LTCでの取引が多くなっているといい、イーサリアムでライトコインが買われている可能性もありそうです。

ライトコインを扱う取引所

ライトコインはcoincheckとbitbank.ccで扱っています。coincheckはライトコイン含め国内最多の12種類の仮想通貨を扱う大手取引所です。bitbank.ccはライトコインに加え、ビットコインとリップルを扱う大手取引所になります。

DASHが安定している理由

DASHも価格が下がっていますが、5月・6月より高い水準を維持しています。考える理由は6月末に発表されたDASH Evolutionという仕様になるまでのロードマップです。この発表が好意的に受け止められている可能性がありそうです。また、中国と韓国のDASH取引量が増加しており、価格上昇に寄与している可能性が高いです。DASHは匿名性を高めた高速送金が特徴の仮想通貨であり、ビットコインにはない特徴を持っています。

DASHを扱う取引所

DASHは国内でcoincheckのみが扱っています。

モナコインも比較的堅調

モナコインは7月11日に20%程下落しましたが、5月・6月に比べ高い水準は維持しています。モナコインはライトコインを元に開発された日本発の仮想通貨です。ライトコインに先駆けてSegwitを導入し話題になりました。ライトコインと違い海外での取引が少ないため微妙な部分はありますが、ビットコインの避難先として買われている可能性は多少あるかもしれません。

モナコインを扱う取引所

モナコインは大手取引所のZaifが扱っています。bitbank.ccも取り扱い予定です。

ライトコインとDASHの価格推移に注目

仮想通貨が全体的に暴落する中、ライトコインとDASHは高値を維持しています。8月1日に向けてさまざまなことが起こりそうですが、ライトコインとDASHがどのような価格推移を辿るか注目です。特にライトコインはビットコインの避難先となることも考えられるため、場合によっては大きな動きがあるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧